teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


本日の福岡県西方沖の地震

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2013年 6月23日(日)10時10分26秒
返信・引用
  福岡県西方沖地震の余震粋で発生してはいますが、ここは2005年3月20日の地震で
動かなかった警固断層の北端とも言えるので、念のため画像保存を兼ねてここに
記録しておきます。



平成25年06月23日09時11分 気象庁発表
23日09時07分頃地震がありました。
震源地は福岡県北西沖(北緯33.7度、東経130.3度)で、
震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は2.8と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

福岡県  震度1  福岡空港 糸島市志摩初

この地震による津波の心配はありません。
 
 

先月の福岡県および周辺地震

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2013年 6月 1日(土)07時38分9秒
返信・引用
  落ち着いていました。

警固断層周辺も、とくに目立つ無感地震はありませんでした。

画像:(Hi-NETの福岡県の地震マップより)


 

周防灘も注意

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2013年 4月 5日(金)18時38分41秒
返信・引用
  福岡県近辺の活断層の一つ、周防灘断層群

http://www.jishin.go.jp/main/yosokuchizu/katsudanso/f106_suonada.htm

中でも、最大の周防灘断層群主部は、最大マグニチュード7.6程度の地震が
発生する可能性があります。かつ、今後30年の間に地震が発生する可能性が、
我が国の主な活断層の中では高いグループに属しています。


以下引用

○将来の地震発生の可能性
≪周防灘断層群主部≫
 地震の規模  : M7.6程度
 地震発生確率: 30年以内に、2%~4%  (地震発生確率値の留意点)
 地震後経過率: 1.3-1.9  (地震後経過率とは?)
 平均活動間隔: 概ね5800年-7500年
 最新活動時期: 約11000年前-10000年前

≪秋穂沖断層帯≫
 地震の規模  : M7.1程度
 地震発生確率: 不明
 平均活動間隔: 不明
 最新活動時期: 不明

≪宇部南方沖断層帯≫
 地震の規模  : M7.1程度
 地震発生確率: 不明
 平均活動間隔: 不明
 最新活動時期: 不明

最後の画像は、昨夜の22時ごろの北九州市の無感地震の波形です。
震源地は周防灘、マグニチュードは、Hi-Netの画像の○のサイズから見ると、
M2未満と思われます。
 

福岡県西方沖地震から8年

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2013年 3月20日(水)20時34分1秒
返信・引用
  2005年3月20日、「地震が少ない」とされていた、福岡県に、震度6弱の揺れが襲い、
市内は最大震度6弱、1名の死者(ブロック塀の倒壊による)と、多数の被害が出ました。

その後、1ヶ月目に最大余震がありましたが、幸い、そのあとは、大きな揺れは無くなり、
今では、福岡市民も、そのような地震があった事すら、忘れているかのようです。

ただし、福岡県には、警固断層をはじめとして、大きな活断層があり、特に西山断層帯は
最大でマグニチュード8.2の大地震を起こす可能性も、指摘されています。

あくまで、相対的な頻度が、多少低いだけ、という意識は持ち続けたいです。
いつ地震が来ても良いような、「イザという時の備え」は怠らないように。

311の後でもあり、スーパー等に、備蓄用の品が並んでいます。
僕も、定期的な備蓄品の点検をしておきました。

 

警固断層上で久々(無感)発震

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2013年 3月 2日(土)20時19分45秒
返信・引用
  昨晩ですが、警固断層上で無感地震があったようです。
丸の大きさから見て、マグニチュードは2未満ですね。

記憶ですが、福岡西方沖地震から1年くらいは、九大火山地震研究所の
HPで震源を観察していましたが、博多湾以南の警固断層には、ほとんど
(無感地震すら)発震がなかったと思います。

念のため、注意情報としてアップしておきます。
 

西山断層帯の評価修正、最大マグニチュード8.2へ

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2013年 2月 6日(水)21時36分17秒
返信・引用
  九州30年で最大42%=M6.8以上確率、政府長期評価―福岡、熊本はM8.2も
時事通信 2月1日(金)20時11分配信

 政府の地震調査研究推進本部は1日、九州にある活断層の活動確率と、想定される
地震の規模(マグニチュード=M)の長期評価を発表した。九州全域で今後30年に
M6.8以上の地震が発生する確率は30~42%と予想した。

 断層帯のうち活動時にM8程度となり、付近の最大震度が6弱以上とみられるのは
4カ所。福岡県の西山断層帯はこれまで同県北部の長さ31キロの区間だけを評価し
M7.3とみていたが、同県南部と沖合の区間を追加して110キロとし、M7.9~8.2に
引き上げた。
 また、熊本県の布田川(ふたがわ)断層帯の布田川区間(19キロ)と日奈久(ひなぐ)
断層帯全体(84キロ)が連動した場合はM7.8~8.2と想定。日奈久断層帯だけの場合は
M7.7~8.0、別府―万年山(はねやま)断層帯のうち別府湾―日出生(ひじう)断層帯
(76キロ)が動いた場合はM8.0と予想した。

 同本部の本蔵義守地震調査委員長は「今回の評価には海溝型の日向灘地震を入れて
おらず、未評価の活断層もある。九州は決して地震が少ない所ではなく、発生確率が
低いとは言えない」と注意を呼び掛けた。

 

西山断層の沖に活断層、の過去記事

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2012年 6月30日(土)18時38分44秒
返信・引用
  解説追加

http://www.47news.jp/news/2010/10/post_20101004213115.html

福岡県沖に断層 国が詳細調査へ M8級の地震発生の可能性も

 海上保安庁は4日、福岡県沖の海底調査で、同県北部の活断層、西山断層帯
(福津市-飯塚市、約31キロ)につながる可能性のある長さ約30キロの
断層を発見したと発表した。
西山断層帯と連続し、断層の長さが計80キロに及ぶ可能性もある。
地震の規模は断層の長さに比例するため、政府の地震調査研究推進本部は
「国内で過去最大級のマグニチュード(M)8クラスの地震が発生する
可能性も否定できない」として、詳細調査に乗り出す。
 同庁は、福津市沖の玄界灘から響灘にかけて南北25キロ、東西40キロの
海域で海底地形の音波探査を実施。水深60-90メートルの海底に(以下略)

海上保安庁の発表はココ

http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h22/k20101004/k101004.pdf
 

西山断層沖で発震?

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2012年 6月30日(土)18時25分3秒
返信・引用
  福岡の、珍しい地域の発震に気がついたので、記録。
微小地震ですので、多分これ?

上は1日分、下は30日分です。30日で1回しか、丸がない、つまり
普段は微小地震すらない地域ですが、陸上の西山断層と繋がる、
海底断層が報告されているあたりですので、念のため。
 

珍しく北九州市付近に微小地震

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2012年 6月 7日(木)03時34分12秒
返信・引用
  昨日の西日本のHi-net震源画像、および13時台の連続波形です。

珍しい場所で発震したので、ココで記録しておきます。
 

地震トリガー仮説その1 (第2危険時間)

 投稿者:福岡県民883  投稿日:2012年 3月26日(月)20時41分35秒
返信・引用 編集済
  以前の内容の再録。

第2予想 3月27日~3月31日


発震可能性のある場所

1.房総沖
2.青森県沖(浦河沖)
3.宮城県内陸(深部、40~50km前後)

さて、どうでしょう。

--------------------

追記

該当発震はありませんでした。
 

レンタル掲示板
/2