teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


チーズケーキ

 投稿者:凍城 蒼生  投稿日:2010年 7月26日(月)19時34分7秒
返信・引用 編集済
  指定キャラ番号:K
名前:凍城 蒼生(トウジョウ アオ)
年齢:25
職業:武器商人
性格:基本的に人懐っこく、陽気だが、他人とは一線を引いており、あまり考えが読めない。また裏の武器の事となると、その性格が一変し鋭い眼光で辺りを見回し近寄りがたいオーラを放ってしまう癖がある。商売人魂が逞しく、例え誰であっても物怖じせずに応対する、ある意味で怖いもの知らずな人。
容姿:身長は180センチで割と高め。唐草模様の入った燕尾色や萌葱色と言った落ち着いた色の羽織袴を好んで着ている。髪色は少し灰色がかった黒でセミロングより少し長め。かなり鍛えており、喧嘩も強いが、滅多に喧嘩はしない。
趣味:読書
備考:武器商人の為、幕府相手や幕府を倒そうと目論でいる者たち誰にでも売るが、武器相場よりもかなり安い値段で売っている。だが、ある秘密の言葉を言うと表には出していない武器を売っている。表には出していない武器の値段はピンキリで高いものは100両以上、安いもので10丁銀もするのでお得意さんにしか売っていない。裏メニューは例え秘密の言葉を知っていても一見さんお断りで、何度か表にある武器を買ったことのある人にしか売らないという徹底振り。武器屋の名前は「ひととせ」。商売人なので、一度会った事のある人や、武器を売った人の顔を覚えている。ちなみに、秘密の言葉は「椿屋蒼(ツバキヤソウ)」。一人称は「私」、二人称は「~さん、~様」
イメージカラー:オリーブ色
台詞:「先日はどうも。あれからイイコトありましたか?」
参考CV:皆川 純子様
ロルテスト:―――カラン、カラン
(客人が来た合図をするドアベルが鳴る。その音を聞くと、奥にいた一人の男が店頭へと出て来る。この男こそ、この店の店主であり従業員である。店に入ってきたであろう数人の人相の悪い客に声を掛けて。見知った顔は一人もおらず、全員一見さんで)
お客さん、何か探しものですか?
(店に入ってきた数人の男のうちの一人が「椿屋蒼」と言うと、小さくにこりと笑って、「お客さん、一見さんでしょ?一見さんには表に出ている武器しか売れないの」と聞こえるように言い、相手の男に背中を見せるも、突然振り向いて、犬を追い払うかのようにシッシッと手を振りながらそんなことを物怖じせずに言って)
表にある武器に興味はないっていうんなら帰んな!
 
 

みかんが好きです!

 投稿者:匿名  投稿日:2010年 6月24日(木)22時59分37秒
返信・引用
  ∽研修生用∽
指定キャラ番号:L
名前:海 (かい)
性格:基本的にテンションが高く明るいが、一人でいるときの顔があり、誰にも見せたことがない。一人のときは、普通か、それ以下のテンションである。テンションが低いときの原因は自分でも分かっていない。涼の付き人のためいつも近くで一緒にいる。だが、馬鹿のためになにも分からず、涼に頼ってばかりいる。
容姿:身長は160センチと身長はかなり小さめで痩せ気味。筋肉はそんなについていない。肌の色は以外に白く、驚かれることが多い。髪の毛の色は仕事中は、黒色だが、たまに紫色に染めるときもある。髪の毛に癖はなく、肩くらいまでの長さ。右耳に、薄い水色のピアスをつけており、左には何もついていない。仕事のときは、水色や薄い緑などの薄い色の着物を着ていることが多い。
趣味:ギター
備考:此処に来る前は学生であり、ある事件から学校に行けなくなった事から両親と喧嘩をした。その後、両親の住んでいる自宅からは出て行き、町をさまよっていたら此処にたどり着いた。今はその記憶はなくなっているが、なぜか、周りに人がいるときなどはテンションが高い。一人称は「俺」、二人称は、「~サン、呼び捨て」。
敬語を使っているのか使っていないのか分からないような喋り方をしている。
イメージカラー:薄い水色
台詞:次は何の仕事すればいいっすかー?涼さーん!
参考CV:宮田 幸季さん
ロルテスト:あれー?此処どこっすか…?(あたりを見回し、店の中なのに、自分のいる場所が分からなくなり、途方にくれ、涼を探し始め)涼さーん?迷っちゃったんですけどーいないっすかー?(周りはよく見慣れている場所まで来ているというのに、今度は涼を探すのに必死になり、場所のことを忘れ探し回り)
あ、もしかしてここっすかねー…(知っていそうなドアを見つけたので、その後ノックをして中に入って行き)

(PL:この前匿名で、Lをキープしていただいていたものです。これでよろしいでしょうか?ロルテストなんて初めてですし、まだ初心者なんでよろしくお願いします。不備がありましたら、言ってくださるとありがたいです。属性についてですが、この前キープさせていただいたときは受けだったのですが、今回誘い受けに変わってるですけど、受けでもよろしいでしょうか?よろしくお願いします。)
 

テンプレ

 投稿者:店主  投稿日:2010年 6月24日(木)14時14分21秒
返信・引用 編集済
  ∽従業員用∽
指定キャラ番号:(A/D~E)
名前:(和名/振り仮名)
性格:(微指定の性格を参考に短すぎない程度に)
容姿:(身長必須、165cm以上。相応しい格好を/短すぎない程度に)
趣味:(何か一つ)
備考:(生い立ちや色々お好きに/シリアス設定どんと来い!)
イメージカラー:(本編の名前表記の色とさせていただきます。被り無でお願いします/色コードを知っていればそれも書いてくださると嬉しいです)
台詞:(キャラの性格が分かるようなもの)
参考CV:(もしご存知なければ管理人が無い知識をフル稼働させてお勧め様を提供させて頂きます)
ロルテスト:(どんな情景でもOKです。出来る範囲で、無理せずお願い致します)

∽研修生用∽
指定キャラ番号:(M/O/Q)
名前:(和名/振り仮名)
性格:(微指定の性格を参考に短すぎない程度に)
容姿:(身長必須、160cm以上。相応しい格好を/短すぎない程度に)
趣味:(何か一つ)
備考:(生い立ちや色々お好きに/シリアス設定どんと来い!)
イメージカラー:(本編の名前表記の色とさせていただきます。被り無でお願いします/色コードを知っていればそれも書いてくださると嬉しいです)
台詞:(キャラの性格が分かるようなもの)
参考CV:(もしご存知なければ管理人が無い知識をフル稼働させてお勧め様を提供させて頂きます)
ロルテスト:(どんな情景でもOKです。出来る範囲で、無理せずお願い致します)

∽御客様用∽
指定キャラ番号:(F~E)
名前:(和名、洋名可ですが、和名推奨。フルネームで/和名の場合はフリガナも)
年齢:(20歳以上)
職業:(何をしている人なのかが分かればOKです/この時代の警察は新撰組となりますのでご了承ください)
性格:(微指定の性格を参考に短すぎない程度に)
容姿:(身長必須、170cm以上/短すぎない程度に)
趣味:(何か一つ)
備考:(生い立ちや色々お好きに/シリアス設定どんと来い!)
イメージカラー:(本編の名前表記の色とさせていただきます。被り無でお願いします/色コードを知っていればそれも書いてくださると嬉しいです)
台詞:(キャラの性格が分かるようなもの)
参考CV:(もしご存知なければ管理人が無い知識をフル稼働させてお勧め様を提供させて頂きます)
ロルテスト:(どんな情景でもOKです。出来る範囲で、無理せずお願い致します)
 

クレープ

 投稿者:初音  投稿日:2010年 6月16日(水)02時56分17秒
返信・引用
  指定キャラ番号:N
名前:初音(はつね)
性格:見世では明るく良く喋るが、本来はあまり人づきあいが好きではない。口が悪く無愛想で、その本性をさらけ出すのは今のところ友人であるOと柊のみ。親しくなればなるほど扱いがぞんざいになるが、二人の事は信頼も尊敬もしている。ただしそれが態度に出ない。他の同僚を警戒しているというわけではないのだが、つい猫を被ってしまう。吸血鬼のハーフであることや、今の職業に関しては「生きて行くには仕方がない」で割り切っている。
容姿:身長175㎝。身長からするとやや痩身、肌の色は白い。柔らかくゆるい癖のある栗毛を項で結び、左肩から垂らす。ダサいデザインの分厚い瓶底伊達眼鏡で顔の半分以上を覆っているが、外すと隙なく整った顔立ち。但しいわゆる「美人は3日で飽きる」と言われるタイプで、整い過ぎていて逆に印象に残らない。眼鏡をかけていた方がインパクトがあるのか客に覚えられている事の方が多いため、接客中も眼鏡を着用する。ダサい眼鏡に女物の華美な着物を着てもとても似合わんだろうと、眼鏡の時はまるで女中のような柄のない縹色や若草色などの単色の着物を着ている。たまに何らかのきっかけで眼鏡を外して見世に出る事になった場合は、白に裾から右肩にかけて大柄な唐紅の薔薇が染め抜かれた着物を着て、蔓に見立てた緑の帯を締め、金の簪で髪の毛を飾る。素足で歩く事を嫌うため、常に足袋をはいている。
趣味:篠笛。
備考:生まれは茶道の家元。閉鎖的な環境で双子の兄と恋に落ちるものの、そのことが露呈。後継ぎであった兄は家に残され、自分の方は家から追い出されるような形で養子に出される。自暴自棄から養父と関係を持つも、それを養母に知られ、腹いせに遊郭に売り飛ばされる。過去の事はなにも覚えてはいないが、鏡を見ると無意識に二卵性双生児の兄を思い出してしまうため鏡が嫌い。少しでも意識を逸らそうと伊達眼鏡をかけている。名前の由来は源氏物語より、双子の兄は「明石」。気を許した相手の前でのみ一人称は「俺」二人称は呼び捨てでタメ語、他は一人称「私」二人称「~さん、~様」で敬語。
イメージカラー:支子色(#fbca4d)
台詞:「勝手にすればいいんじゃないか? 俺は興味ないけど」
参考CV: 鈴木 達央さん
ロルテスト:
眼鏡、ですか?申し訳ありません、外してしまうと何も見えなくなりますので。折角ですからお客様の顔を見てお話したいですし、それに私の顔なんて、眼鏡を付けていても外しても、大して変わり映えのするものではありませんよ。
(帰り際眼鏡を外すことを客に請われ、そういえば彼の前で外した事はなかったなと首を傾げる。可愛らしく頬を膨らませて拗ねて見せる相手の頬を指先でつつき、自分より背の低い頭を撫でてやる戯れをしながら、にこりと唇を歪めてはお茶を濁して。客の背中を見送ると、肩から流れる毛先を弄びつつ部屋に戻り。壁に寄りかかって眼鏡を外し眉間を擦るのは、伊達眼鏡でも重たい眼鏡をかけているせいでそこが痛くなるため。チラと部屋の隅に視線をやれば、今朝開きっぱなしにしてしまった鏡台が目に入りその前に膝を付き、自分の顔を眺め。)
…なんで自分の顔にこんなにイラつかなきゃなんないんだろうな、俺は。
(ぎゅっと眉根を寄せて不機嫌そうに鏡の中の自分を睨みつけると、割れない程度に、しかし乱暴に鏡台の扉を閉めて。)

PL:はじめまして、最近めっきり少なくなってしまった遊郭設定に心惹かれ、参加希望させて頂きます。二重人格っぽくなってしまいましたが大丈夫でしょうか?不備等ございましたらお手数ですがご指摘お願いいたします。また柊様、付き人キャラですので、プロフにお名前を使わせていただきました。事後報告になってしまって申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
 

林檎

 投稿者:  投稿日:2010年 6月15日(火)11時13分54秒
返信・引用 編集済
  指定キャラ番号:P
名前:雪(セツ)
性格:パシリ。雑用として扱われるが特に嫌でもない。というより、手先が器用なので何をやらせても手を抜くことはしないが、自分のこととなると、結構手抜き。基本的にボケっとしており、楽観的。
容姿:身長は162センチと割と小柄。腰まである茶色の長い髪。普段は、高い位置に結い上げて背中あたりにしている。右耳に翡翠のピアスをしている。首筋に銀色の十字架を模ったネックレスをしている。服装は桔梗の花をあしらった紅蓮を連想させる紅色の着物を好んで着用している。客の前に出る時は、淡いブルー系の着物を着て出ることが多い。
趣味:洋裁
備考:此処に来る前に5年付き合っていた彼女と死別し生きるのがいやになり、街をフラフラしていたら此処にたどり着いた。今は此処に来る前の記憶がない。思い出そうとすると頭痛がするので、ムリに思い出そうとはしない。昔からの趣味の洋裁は自分の着る着物は自分で作っている。頼まれれば誰にでも作成して無料進呈するが、その代わり、頼み事をする。基本的に敬語使用。時々その敬語がなくなる場合もありはするが、少ない。一人称は「僕」二人称は「~さん、~様」
イメージカラー:深紫
台詞:「ん?…あ、僕に着物の作成依頼ですか?良いですけど……、その代わり頼まれごとしてもらいますよ」
参考CV:三木眞一郎様
ロルテスト:(部屋で敷布団に座りながらボケーっとしており。誰の事を思い出しているのか知らないが、一筋の涙がポロリと出て)
…あ、あれ?
僕、なんで泣いてるんだろう?誰を思って泣いた…?
(涙が頬に伝い落ち、自分の膝の上にポタリと落ちるとふと我に返って。誰の事を思い出して泣いていたんだろう?と思うものの、悩んでいても答えは出ないので自分で自分の頬を軽く叩くとよし、と声に出して、部屋から出て行き)
 

チェリー

 投稿者:ハニーサン  投稿日:2010年 6月14日(月)19時13分47秒
返信・引用 編集済
  指定キャラ番号:R
名前:鬼蝶(キチョウ)
性格:自分の本能や欲望を満足させるのが第一の快楽主義。社会の常識の枠に留まらず、自分を強く持っている。他人の顔色を覗う事無く良いも悪いも思うが侭の発言が多く、義理や人情にも薄い為、思い遣りが少々欠ける。嫌われても構わない態度が、人に敬遠される事が多々で扱い難いヒール系。更に自分自身も人の好き嫌いが激しい為、人見知りと云う名の興味を一切に持たない態度を取るが、気に入れば其れなりの情は掛ける。薄情で辛辣な雰囲気の中に優しさが見え隠れする。刹那的に相手を求める傾向であり、手段としても嘘も騙しも厭わない。
容姿:身長177cm、痩身で厚みが薄い体躯。白い皮膚、左腰に青い蝶が大小と化粧彫りで掘られており体温が上昇すれば出る。カモシカの様な大人しい顔立ちで派手さからは縁遠い。髪は真っ白、黒毛が幾本か混ざる色合い、ウルフカット。左側七部だけ前髪を目に掛かる長さで垂らし、右側は剃り込みとツイストの捻り髪が交互に二本が斜め上に走り、後頭部で一束に纏め上げ、毛先は散らす。纏めた箇所に黒い蝶をモチーフにした髪飾り、髪飾りには三本の鎖が垂れ先に小さな鈴が歩く度に鳴る。髪飾りの傍に一本長い黒の簪を飾る。服装は真っ黒に裾に金刺繍の蝶と椿模様の着物を一重纏いで着崩し、斜め前に金色の帯でリボンを象って結ぶ。仕事の時は、目淵に赤いラインを引き、赤い紅を乗せる。
趣味:赤いお手玉で遊ぶのが暇潰し。何も考えたくない時に良い。
備考:実際の年齢は不明で、人知れず自由に生きていたが、若気の至りでの人との恋愛で痛手を追った事がある。詳細は必要あれば後に明かすものとし、辛辣に秘めているものではない。他人への恨み辛みよりも諦観した心地で、刹那的な関係を求める様になり性格が歪んだ所以。失望した最中、遊郭の旦那と知り合い居座ったのが13年前(自称年齢13歳)年端近い柊と知り合い1年の修行を得て、水揚げしたのが12年前(自称年齢14歳)
イメージカラー:紅
台詞:今日は気分が乗らない。其方サンが…其の気にさせてくれよ。
参考CV:希望無し
ロルテスト:
(自室の窓辺にて腰を下ろし、障子の淵に背中を預けて、両腕を腹部で組み纏めた姿勢。金の唐草模様走る黒い煙管を唇に結わえさせ、穂先を揺らして遊ばせ乍、遊郭の敷地を厳重に囲う堀を眺めて。一目を忍んで生きてきた昔を思えば、今は囲いで囚われた行動制限のある身であるも、精神は限り無く自由に近い。実感を一つ頭に過らせ目淵を細めて、金色の吸い口を吸上げ、白煙を呑んで吐き出す。仕事の刻を報せる鐘の音に、腕を解いて煙管に指を絡ませて唇から引き抜き、傍にある葉屑箱へと柄をカツン…と打ちて煙管に詰めた屑を捨てる。)
さて、お遊戯の時間だな…
(破棄の薄い声で行動を自分自身で促し、重たい腰を持ち上げると簪の鈴が小さく鳴る。煙管を指先で起用に旋回させて遊ばせつつ、素足で井草の床を踏みて部屋の外へと億劫そうに出ようか)

PL キープ有難う御座いました^^思ったより早く仕上がりましたので、提出させて頂きました。不備が御座いましたらご変更させて頂きます。後、もし宜しければのお願いなんですが、誘い受けではなく誘いリバに変更して貰えないでしょうか?無理なら大丈夫ですので、参加の件を含めご検討お願いします。
 

 投稿者:木之下 柊  投稿日:2010年 6月13日(日)09時54分50秒
返信・引用
  指定キャラ番号:C
名前:木之下 柊(キノシタ ヒイラギ)
性格:微笑に始まり苦笑まで、何かと笑みを浮かべている事が多く本心は奥底にしまいがち。客に対しては親しげに声を掛けてはいるものの自分との間に一線引いている。逆に身内にはベタ甘。飴と鞭ならぬ飴と飴な教育方針を掲げており大声をあげたり怒鳴りつける事はものすごく稀。幼少時から遊廓に居た為か教養については客や昔の従業員から口伝てに教えて貰った程度であり、決して豊かとは言えず小難しい言い回しは得意ではない。自尊心が山のように高いがそれを上回る勢いで向上心も高い為に自分が納得した事であらば努力は惜しまない。
容姿:身長180cm。体躯はしっかりしており無駄な筋肉や脂肪はついていない。うっすらと茶色がかった黒髪はサイドは耳が隠れる位、襟足が首筋にかかる程度の長さのショート。前髪は分けたり分けなかったりと気分で様々。癖はなく真っ直ぐ。短く吊り上がった眉に同じく吊り上がり気味な黒い切れ長の瞳。襦袢は着用せずに素肌の上から直に肌触りのいい女物の着物を引っ掛け長めの兵児帯を後ろで蝶々結びに、袂も長め。下地は萌木、裾元に深緑で蝶の刺繍が施されており、帯の色は山吹。部屋着は簡素な長襦袢。基本的に素足。
趣味:紋切り遊び
備考:一人称は俺、二人称は多種多様。幼少時の記憶が曖昧で物心が付いた時には既に遊廓にいたが、見世の兄達に可愛がってもらえたおかげで苦ではなかった。14歳で水揚げされ、今に至る。自分の付人に対しては若干の贔屓目が否めず兄が弟の面倒を見るように、あるいは親が子を愛でるように接している。手先が無駄に器用であり紋切りに始まり折り紙や切り絵等細かい作業は地味に得意、またその延長で従業員や付人の髪を結いたがったりする事も。友人にはよく絡みに行く。
イメージカラー:深緑
台詞:「さあさ、小難しい事は抜きにして楽しみましょうや」
参考CV:鳥海浩輔様
ロル:
(気だるげに額に手をやりながら情事の名残が残る僅かに湿った前髪を掻き上げて溜息を溢し、肌蹴た合わせ衿を両の手で適当に直し次いで帯も締め直すと重い腰を上げて襖に手をやりそっと開き。隙間から冷たい廊下へと素足を滑らせ、後ろ手に襖を閉めながら黒色の双眸を細めた所で自分の付人の姿が視界の片隅に映りそちらへ視線を移し、口端を吊り上げて屈託のない笑みを浮かべると手の平を空中で上下させて彼を此方に招き)
…今日は一緒に寝るぞ。仕事なんざ後に回せ後に、此れも立派な仕事だっての。

(PL:元とくめーです、約一年振りのトピ参加になるので拙いロルになりますが精一杯頑張りますのでもしよろしければ愚息に来店許可をお願い致します/深々礼)
 

桃が好きです!

 投稿者:蒼依 涼  投稿日:2010年 6月12日(土)20時50分6秒
返信・引用 編集済
  指定キャラ番号:B
名前:涼(リョウ)
性格:明るいが心に闇を持っている。その闇を誰にも見せないようにしている。普段は明るく振舞っているが、一人になると結構暗くなるので、一人にならないようにしているが、両親の事を言われると(誰が相手でも)途端に冷たくなってしまう。
容姿:流れる様に見事な漆黒の長髪を上の方で結っていて腰位の高さにしている。濡れた黒曜石を思わせる双眸は冷たい印象を与えてしまわない程度の狐目。漆黒に桔梗の花をあしらった着物をよく愛用しているが、お客の前に出る時は女のものの淡いピンクに花火をあしらった着物を好んで着用している。167センチで、見た目は華奢だが割と鍛え上げられている。両耳に黒曜石のピアスをしている。
趣味:人間観察
備考:親は幼少のころ、事故で亡くなったため、親戚をタライ回しにされてきた。両親が事故を起こした時、涼も一緒に乗っていたがそのころの記憶は曖昧で思い出そうとすると大抵頭痛がする。涼にとって思い出したくない記憶で、そのことがきっかけで心に闇を抱えるようになってしまった。一人称は「俺、僕」二人称は「~サン、名前呼び捨て、アンタ」。敬語は苦手で従業員や研修生の前だと相手が年上だろうが関係なくタメ口調だが、客の前では苦手な敬語だからか、変な敬語になってしまう。自身が吸血鬼だと知ったのは最近の事だが、客には悟られないように最新の注意を払っている。
イメージカラー:濃い蒼
台詞:「…ハハハ。だから何?何が言いたいのかな?アンタは」
参考CV:大川透様
ロルテスト:(朝方まで相手をされていた客から漸く解放され、その客を見送った後、ドっと疲れが出て。腰も痛く、はぁ…、襲わなきゃ良かった…と文句を言うもののやっぱり自身は吸血鬼の為、ニンゲンよりも性欲は半端なく。散々喘がされて喉も痛くなっていて、張り見世に続く廊下を一瞥するもそこへ行く気力はなくそのまま自室へと戻ってベッドへと倒れこんで)
はー…、疲れた。

眠、い…
(倒れこんで数分後には寝入ってしまっていて。)
 

レンタル掲示板
/1