teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


展覧会情報

 投稿者:三日月湖  投稿日:2017年 3月20日(月)00時50分57秒
  東京国立博物館(上野公園)
  ミュージアム・シアター(水・木・金・土・日・祝日)
 博物館でお花見を 3/14(火)~4/9(日)
 茶の湯 4/11(火)~6/4(日) 平成館
 タイ ~仏の国の輝き~ 7/4(火)~8/27(日) 平成館
 運慶 9/26(火)~11/26(日) 平成館
 仁和寺と御室派のみほとけ(仮称) 2018年1/16(火)~3/11(日) 平成館

東京藝術大学大学美術館(上野公園)
 雪村 奇想の誕生 3/28(火)~5/21(日)

東京都美術館(上野公園)
 ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション 7/20(木)~10/9(月・祝)

上野の森美術館(上野公園)


江戸東京博物館(両国)
 没後150年 坂本龍馬 4/29(土・祝)~6/18(日)
 発掘された日本列島2017 6/3(土)~7/23(日)

すみだ北斎美術館(両国)


三の丸尚蔵館(皇居大手門)
 名所絵から風景画へ―情景との対話 3/25(土)~6/25(日)

出光美術館(有楽町)
 茶の湯のうつわ 和漢の世界 4/15(土)~6/4(日)
 水墨の風 長谷川等伯と雪舟 6/10(土)~7/17(月・祝)
 祈りのかたち 仏教美術入門 7/25(火)~9/3(日)

東京ステーションギャラリー(丸の内)
 アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国 4/29(土)~6/18(日)

加島美術(京橋)
 SEITEI 蘇る!孤高の神絵師 渡辺省亭 3/18(土)~4/9(日)

LIXILギャラリー(京橋)
  武田五一の建築標本 近代を語る材料とデザイン 6月8日(木)~8月26日(土)

三井記念美術館(日本橋・三越前)
 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝 4/15(土)~6/11(日)

東洋文庫ミュージアム(本駒込)
 安政の大地震展 大災害の過去・現在・未来 4/19(水)~8/6(日)

永青文庫美術館(目白台)
 熊本城 加藤清正と細川家 3/18(土)~6/4(日)

センチュリー・ミュージアム(早稲田)
 仏教美術の世界 4/3(月)~6/24(土)

米沢嘉博記念図書館(千代田区猿楽町)
 LOVE?りぼん?FUROKU 250万乙女集合 りぼんのふろく展 2/18(土)~6/4(日)

東京国立近代美術館(北の丸公園)
 茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術 3/14(火)~5/21(日)

サントリー美術館(六本木)
 絵巻マニア列伝 3/29(水)~5/14(日)

国立新美術館(乃木坂)
 草間彌生 わが永遠の魂 2/22(水)~5/22(月)
 ミュシャ展 3/8(水)~6/5(月)

根津美術館(南青山)
 高麗仏画 香りたつ装飾美 3/4(土)~3/31(金)
 燕子花図と夏秋渓流図 4/12(水)~5/14(日)
 はじめての古美術鑑賞 紙の装飾 5/25(木)~7/2(日)

國學院大學博物館(東京・渋谷)
 祭祀と神話 神道入門 2/11(土)~4/9(日)
 國學院大學 春の特別列品 絵でみる日本のものがたり 4/14(金)~5/21(日)

山種美術館(広尾)
 日本画の教科書 東京編 ―大観、春草から土牛、魁夷へ― 2/16(土)~4/16(日)
 花 * Flower * 華 ―琳派から現代へ―  4/22(土)~6/18(日)

畠山記念館(白金台)
 茶の湯の名品 破格の美・即翁の眼 4/8(土)~6/18(日)

宇都宮美術館(栃木県宇都宮市)
 ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで 3/19(日)~5/7(日)

那珂川町馬頭広重美術館(栃木県那須郡那珂川町)
 徳力富吉郎と広重の「冨士三十六景」 3/10(金)~4/16(日)
 
 

第3回中国音楽フェスティバルへの参加呼びかけ

 投稿者:中国音楽フェスティバル実行委員会事務局  投稿日:2012年11月 9日(金)14時10分41秒
  第3回中国音楽フェスティバル参加の呼びかけ

中国音楽を愛好する人々、グループ、団体が一堂に会して演奏を行う第3回中国音楽フェスティバルが下記のように、2013年4月21日におこなわれます。2010年の第1回フェスティバル、2011年の第2回とも20数団体の、3人の小人数から40人以上のグループまで様々な団体が参加しました。また演奏形態も多種多様で、二胡のグループ、弾撥楽器のグループ、アンサンブルなど、日頃の活動の成果が十分に出た催しとなっています。各地で活動されている皆様、ぜひご参加ください。

                              記

1、名称:第3回中国音楽フェスティバル

2、趣旨:中国音楽・楽器を学び、また演奏活動をしている団体やグループが一堂に会し、演奏を披露することで互いの交流と技術の向上に役立てることができるようにする。

3、日時:2013年4月21日(日曜日)・開演13時30分予定(入場無料)

4、場所:クレオ大阪中央・ホール(大阪地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽丘」下車4分)
    〒543-0002大阪市天王寺区上汐5-6-25 TEL06-6770-7200

5、参加対象:中国楽器を使う3人以上の団体・グループ(一部に中国楽器以外が入っていても可)。

6、参加費:1人1,500円

7、演奏:曲選択は自由。演奏時間は1団体・グループ10分以内、曲数は3曲まで。

8、申込締切り:2013年1月31日。

9、主催:中国音楽フェスティバル実行委員会
    事務局連絡先:〒541-0059大阪市中央区博労町1-1-6曽根富ビル3F
           (有)オフィス・エー気付(中田)
           TEL 06-6271-8470、FAX06-6261-6072
                    Eメール:officea@mbox.inet-osaka.or.jp
 

第10回定期演奏会のご案内

 投稿者:天翔楽団  投稿日:2012年 9月 4日(火)15時14分27秒
  演奏会の案内です。

 中国音楽アンサンブル・天翔楽団は2012年11月4日(日)、大阪市此花区のクレオ大阪西ホールで下記のように第10回定期演奏会をおこないます。

 今年は辰年で、天翔楽団結成10周年にあたることから、“飛龍天翔、楽音満宙《龍は天(あま)翔け、楽は宙(そら)に満つ》”をテーマに、中国琵琶演奏家の閻杰(エンキ)さんをゲストに招いています。閻杰さんには名曲「十面埋伏」など琵琶の魅力が満載の曲の独奏を予定しています。

 今年は、中国楽器の二胡を学ぶ人が必ず演奏する「良宵」や「賽馬」をはじめとして、農村での楽しく豊かな農民の生活を描いた「農村酒歌」、台湾少数民族の若者が住む地域の風光明媚な景色と愛をテーマにした「高山青」、中国江南地方の風景を表現した「江南好」、そして楽団と閻杰さんの合奏「龍(作曲:閻杰)」など多様な曲を演奏します。

 ぜひ皆様には今回の演奏会においでいただけますようお願いいたします。

                                記


〇日時:11月4日(日) 13時30分開場、14時開演
〇場所:大阪・クレオ大阪西ホール(JR環状線、阪神なんば線「西九条」駅徒歩3分)
〇出演:天翔楽団、ゲスト:閻杰(エンキ・琵琶奏者)
〇料金:2,000円(当日2,500円、中学生以下無料)

 申込み、お問合せは天翔楽団までお願いします。TEL06-6271-8470、FAX06-6261-6072(オフィス・エー気付)、Eメール:tenshou_gakudan@hotmail.com。
 お申込みの場合、①氏名、②住所、③電話番号、④必要なチケット枚数、を明記してください。よろしくお願いします。

http://www.tensho.in/

 

仙台榴ヶ岡で二胡教室開始するの

 投稿者:鏡深  投稿日:2012年 1月19日(木)23時21分51秒
   ごぶさたです。あけましておめでとうございます。
トップページ無くなったのね。でもブログちゃんの方は頻繁に更新しているようで感心しましたよ。
うちのページは更新する余裕が無くてね~ 立ち寄る人もいなくなった。(笑

 さて、鏡深の二胡教室「牛吟庵」は仙台の桜で有名な榴ヶ岡公園近くにお引っ越しします。
仙台駅から歩いて来れるし、窓から花見ができるのよ!
 狭いのが売りだった教室も広い防音室になります。天井まで本が重なっていたり
頭上にオーバーハングして積み上げられた楽器ケースも、もうすぐ見られなくなります。(寂

 次回4月から開始の無料レッスンは、新しい教室でレッスンする事になります。
まだ集まってないけど力いっぱい募集中です。今は日曜メインだけど、
防音室なので、希望が多ければ平日の夜とか、土曜日とか、まあ色々融通がききそう。
 ぼちぼち生徒さんが通ってくれて、地味に教室を続けられたら、それで十分ですけどね。


http://erhu.jp/

 
    (三日月湖@管理人) 鏡深さん、ご無沙汰しています。
あら~、教室は広い防音室へお引越しですか。それは、よろしいですね。
鏡深さんこそ牛吟庵のトップページにおもしろい記事を綴られているではありませんか。
1月2日の記事を見て、もう一度、古典は読んでおこうかな、と思いました。「ヨコハマ買い出し紀行」、ワタシも好きです。
 

三日月湖@管理人

 投稿者:更新情報  投稿日:2011年 7月17日(日)22時06分39秒
  トップページのディジタル写真とコミックを差し替え。トップページの更新は、予定では、これが最後。
写真は、ハス(蓮)。
 
    (管理人) タイトルと投稿者名が入れ違ってるわ!(爆)

8月末をもってトップページ以外のページを削除しました。
トップページも1年後に削除予定です。
この掲示板とブログは、このまま継続したします。
 

台湾

 投稿者:天翔楽団メール  投稿日:2011年 6月30日(木)10時46分45秒
  台湾新竹市を本拠とします新竹青年国楽団が来日し、下記のように大阪公演を行うことになりました。公演は8月21日(日)15時から相愛学園本町講堂ホール(大阪市中央区)の予定です。

 新竹青年国楽団は1993年創立。優秀な青少年の音楽人材を育てるとともに、台湾での音楽コンクールや国内外の演奏で優秀な成績をおさめるなど、台湾で「最も潜在力のある活力に満ちた青年国楽団」と高い評価を受けています。

 今回の日本公演では100人近くの団員が来日し、「第一西北組曲」や台湾を抒情豊に表現する「台湾民謡組曲」など、多様な曲を演奏する予定です。

 入場料は無料となっておりますのでぜひこの新竹青年国楽団大阪公演においでください。 音楽を通じて様々な交流を図っていきたいという新竹青年国楽団の意を理解していただき、ぜひご協力していただけるよう心からお願い申し上げます。

                                 記

1、日時:2011年8月21日(日)14時30分開場、15時開演

2、場所:相愛学園本町講堂ホール
    (大阪市中央区本町4-1-23 地下鉄御堂筋線「本町駅」4号出口すぐ)

3、料金:無料(整理券を発行していますので事務局までご連絡ください)

4、問合せ:天翔楽団
     (TEL06-6443-3260 FAX06-6443-3262
      Eメール:tenshou_gakudan@hotmail.com)

http://www.tensho.in/

 

更新情報

 投稿者:三日月湖@管理人  投稿日:2011年 6月 5日(日)13時52分42秒
  トップページのディジタル写真とコミックを差し替え。
写真は、ゼニアオイ(銭葵)。ハーブのマロウと似ています。どちらも、アオイ科ゼニアオイ属。
 

更新情報

 投稿者:三日月湖@管理人  投稿日:2011年 5月 5日(木)10時13分22秒
  トップページのディジタル写真とコミックを差し替え。
写真は、ドウダンツツジ、漢字では、灯台躑躅、満天星躑躅とも表記する。花は、同じツツジ科のアセビのように、つぼ状の花が下垂して咲く。秋の紅葉も美しい。
 

天翔楽団練習公開見学のご案内

 投稿者:天翔楽団メール  投稿日:2011年 4月13日(水)11時03分21秒
  天翔楽団の練習公開見学会を4月23日と5月14日におこないます。

 天翔楽団が普段練習している風景を皆さんに見ていただき、あるいは楽器を持参していただいて参加していただくなどして、より身近に中国音楽アンサンブルに親しんでいただこうというものです。

 練習の最初からでも途中からでも自由に時間を調整して見学においでください。また楽器を持参していただいた方には楽団員と一緒に楽譜を見ながら練習していただくことも出来ますので、遠慮なくおいでください。費用等は全く必要ありません。

*場所:天翔楽団練習場
    (地下鉄「日本橋」駅下車1分、にほんいちビル11F)

*日時:4月23日(土)、5月14日(土)13時~17時(この間いつでも可)

*参加希望者は天翔楽団までご連絡ください。

 天翔楽団:大阪市西区靱本町1-14-2田中ビル2A
        (有)オフィス・エー気付(中田)
       TEL06-6443-3260、FAX06-6443-3262
       Eメール:tenshou_gakudan@hotmail.com

http://www.tensho.in/

 

第2回中国音楽フェスティバルのご案内

 投稿者:中国音楽フェスティバル実行委員メール  投稿日:2011年 3月23日(水)10時40分7秒
  第2回中国音楽フェスティバルが4月9日(土)、クレオ大阪中央(地下鉄「四天王寺前夕陽ケ丘」駅下車3分)で開会されます。開場は13時、開演は13時30分、終了予定時間18時で、入場料は無料です。

中国音楽を練習し楽しんでいる近畿各地のグループから、今年は21団体、延べ人数300人が参加します。楽器も楽曲も演奏形態も多種多様ですから、ぜひ聴きにおいでください(一般入場者の方の座席はホール後方となっていますのでご了解ください)。

また当日、東日本大震災の復旧支援ということで募金箱を設置し、募金活動をおこなう予定です。ぜひご協力ください。

問い合わせは、中国音楽フェスティバル実行委員会事務局((有)オフィス・エー気付)・中田までお願いします。
TEL06-6443-3260、FAX06-6443-3262。メール:officea@mbox.inet-osaka.or.jp
 

レンタル掲示板
/22