• [0]
  • マレー鉄道、バス、飛行機など乗り物

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2011年 5月22日(日)07時31分45秒
 
マレー鉄道、バス、バスターミナル、飛行機を含めた航空会社など乗り物に関するテーマなら何でもどうぞ

投稿数上限に達したので書き込みできません

  • [140]
  • HatYai方面アクセス参考例 (ButterWorth発着35/36列車は除く)

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2016年 6月23日(木)01時24分28秒
 
(行き)
     IPOH 5:30 EG9500->  9:10 PadangBesar 9:55  948-> 9:50 HatYai
SentralKL 9:30 EG9208-> 15:10 PadangBesar 15:40 950->15:35 HatYai
SentralKL 9:00 EP9232-> 12:35 ButterWorth 12:50 2950-> 14:35 PadangBesar 15:40 950->15:35 HatYai
(帰り)
HatYai 7:30 947-> 9:25 PadangBesar 10:45 2951-> 12:30ButterWorth14:55 EG9233-> 18:47SentralKL
        (PadangBesar発9:30のEP9213へは接続不可です)
HatYai 13:05 949-> 15:00 PadangBesar 16:15 EG9209->21:50 SentralKL



  • [139]
  • 南北幹線で残った定期客車列車

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2016年 6月23日(木)01時02分51秒
 
 現在、南端の非電化区間Gemas-JBsentralを運行する
定期客車列車は
Ekspres Selatan(ES41/40は延長有り)と
東海岸線から乗入のEkspres Rakyat Timuranです。

 また2014年4月に登場した8両編成のINKA車は
主にEkspres Selatanで運用されているようです。

  • [138]
  • Re: エクスプレス・ペニンシュラ

  • 投稿者:toriatama
  • 投稿日:2016年 6月18日(土)18時31分21秒
 
情報ありがとうございました。もう、ハジャイ-クアラルンプールの寝台車は無いのですね。Koh HaiやKoh Lipeに行った後、この便でKLまで行くのが
20年来のお気に入りだったのですが
出発前にハジャイのスーパーでワインを買うのも不可能になってしまったし、この旅はあきらめる事にします。ありがとうございました。

  • [137]
  • Re: エクスプレス・ペニンシュラ

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2016年 6月17日(金)18時52分19秒
 
2016年5月下旬から実施された時刻表改正では、西海岸線における従来のディーゼル機関車接続の急行は全て廃止された。つまり Eks. Peninsular 号の運行はなくなった。
突然の運行停止なので、びっくりしたぐらいです。

マレー鉄道は複線電化プロジェクトの進捗に合わせて、大幅な時刻表改正をこの1,2年たびたび行ってきた。今回もその一環として捉えるべきでしょう。
ディーゼル機関車急行が近い将来復活するのかどうかは、現時点ではわかりません。マレー鉄道は何ら公式発表をしていないからです。
いずれにしろ、西海岸線はほぼ ETS だけによる運行になった。

E-Ticket における前売り期間に関する規約に関して

KTMサイトは依然として次のように載せている:
Purchase of ticket can be done within 30 days prior to the traveling date

しかしながら実際の E-Ticket メニューでは60日先までの列車の予約状況が表示される。
このあたりの食い違いは KTMサイトではこれまでにもあったことで、珍しくはない。

マレー鉄道はこの10年位の間に、切符の前売り開始を30日から60日にしまたそれを30日に戻したことが複数回ある。従って今回また60日にしたのであろう、と推測される.
西海岸線はほぼ ETS 運行に統一されたので、60日前前売り開始が妥当でしょうね。



  • [136]
  • エクスプレス・ペニンシュラ

  • 投稿者:toriatama
  • 投稿日:2016年 6月17日(金)10時06分47秒
 
エクスプレスペニンシュラの予約について、教えていただきたく、投稿させていただきます。10月に、ハジャイ~KLの予定を計画しているのですが、KTMホームページのe-Ticketで、この区間を選択する事ができません。最初の出発地でハジャイを選択できるのですが、目的地にKLが出てきません。ログインしてからは、ハジャイの名前が、originになく、padang besarを選択するとエクスプレスペニンシュラの便は、ありません。現在、この便は予約できないのでしょうか。宜しくお願い致します。

  • [135]
  • 臨時客車列車 Eastern Holiday Train

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2016年 6月16日(木)02時27分5秒
 
KLから東海岸線直通のEastern Holiday Trainが6/14から発売されます。
詳細はKTMBページを参照願います。
(添付画像はKTMBページから転載)
上り1096列車 KLSentral 18:00発 ? Tumpat翌9:45着 7月1/5/9/11
上り1098列車 KLSentral 20:00発 ? Tumpat翌12:15着 7月3

下り1097列車 Tumpat17:45発 ?KLSentral翌8:14着 6/30,7月2/4/8/10

  • [134]
  • KTMの予約・購入が60日前からになった模様

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2016年 6月10日(金)15時03分37秒
 
 KTMのトップページに
Jualan tiket ktm intercity kini dibuka 60 hari awal dari tarikh perjalanan
と表示されていて、予約日と乗車日を含め60日前から発売開始となった様です。
 しかし現在、任意の区間で操作してみると
60日目の列車は一部しか表示されず更に座席も表示されないので
59日前以内しか使い物にならないようです。

  • [133]
  • 2016-5-19 KTMダイヤ改正

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2016年 5月19日(木)00時59分47秒
 
BangKok-ButterWorthの国際列車は存続
HatYai-PadangBesarはSRTの気動車列車で接続
マレーシア国内の南北幹線はほぼETS化された。
(時刻表は以下)
www.ktmb.com.my/ktmb/uploads/files/train%20schedule/Flyers%20Jadual%20Tren%20Intercity%2019%20Mei%202016%20v2_1.pdf

  • [132]
  • 北部州での KTM コミューター電車

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2016年 1月 3日(日)18時37分46秒
 
半島部北部州における新たな KTM Komuter 電車の運行が始まった
マレーシア鉄道は北部州での新たな KTM Komuter 電車の運行を1月1日から始めました。

ペナン州バタワースからペルリス州パダンブサールまで157㎞ を約2時間弱で走行します。 なおパダンブサールから タイのハジャイまではタイ国鉄の列車による運行が行われている。この区間は12月下旬から1日2往復の運行で始まった。 (Intraasia 注:元記事は説明していないが、タイ国鉄は電化されていないので、ディーゼル気動車がけん引する)。

このKomuter電車は3両編成で 途中 Bukit Mertajam, Gurun,  Alor Setar などの駅に停車する。運行頻度は 日に3往復であり、パダンブサール発の始発が 0545で バタワース発の始発は 0800となる。 バタワースからパダンブサールまでの運賃はRM 11.4です。

北部州における KTM Komuter電車の運行はこれが2本目です。 マレー鉄道は数か月前から、ペラ州北端の Kamunting -Butterworth 経由 ケダー州 Gurun 区間で Komuter Utara 電車の運行を始めている。(Intraasia 注:この区間の時刻表を奇妙なことに マレー鉄道はずっと掲載していなかった、ようやく今回掲載したことでその運行が確認できました。日に7往復です)

Intraasia のひとこと:以上マレーシアの新聞の記事からを再録しました。
マレー鉄道の西海岸線の複線電化が8割方完成したことから、この半年ほどの間にマレー鉄道は頻繁に時刻表改正している。今回もその一連の改正の中で、新たなKomuter 電車運行を始めたということです。ただ日に3往復だけなので、電車時刻をよく踏まえて乗る必要がありますね。 タイのハジャイからペナンへ行く、またはその逆方向で旅行者も利用してみるのもよさそうですね。

  • [131]
  • Pudu Sentral (プドゥラヤ)バスターミナル発着バスのほとんどが TBSバスターミナルでの発着に移る

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年10月26日(月)18時43分53秒
 
Intraasia のマレーシアの新聞の記事からで10月22日付けで載せた記事の一部を再録します。

「陸上公共交通委員会 (SPAD) はクアラルンプール発北部州行きの中長距離バスの発着バスターミナルを変更するとのお知らせを発表しました。

変更対象となる、中長距離バスの行き先及び当該州発のKL到着便 :ペラ州、ペナン州、ケダー州、ペルリス州、 計500本を超えるバス便数になる
変更後の発着バスターミナル: Bandar Tasik Selatan にある TBSバスターミナル
変更開始日:2015年11月1日

これらの行き先と到着のバス便は Pudu Sentral バスターミナル(注:依然としてPuduraya が一般呼称として使われている)を発着地として長年運行されてきた。そのためPudu Sentral に続く Pudu路及びその界隈で起きている交通渋滞の主たる要因になってきた。「発着地を移転させることでこの交通渋滞緩和を緩和させることになる。」 と陸上公共交通委員会 (SPAD) 。

Bandar Tasik Selatan にあるTBSバスターミナルは現在、1日のバス発着数は約1300便です。」

つい数年前までは、マレーシアで最多の発着本数を誇る最も忙しいバスターミナルである プドゥラヤは、長い歴史がある。Intraasia は20数年に渡って3桁回数利用してきた。

そのプドゥラヤが長距離バスターミナルとしての役割を2015年10月末で終えるという、ニュースです。具体案は未だ示されていないが、都市内と近郊交通のターミナルにするかもしれないとの憶測も出ている。


  • [130]
  • KTM intercity/ETS 10月10日ダイヤ改正

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2015年10月 7日(水)00時14分40秒
 
ETS93系電車の認証遅延等でツギハギのダイヤ改正を数回行っていましたが
ようやく intercity/ETS 共に10月10日に再度のダイヤ改正を実施します。
詳細な時刻・料金はKTM公式サイトにリンクがありますので、そちらを参照願います。

目玉はGemas-PadangBesarのETS列車,JBsentral-HatYaiのIntercity列車,
新系列客車の正式投入というところでしょうか。

  • [129]
  • マレー鉄道9月1日付けの時刻表改正

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 8月29日(土)14時02分52秒
 
マレー鉄道KTM がようやく8月27日付けでお知らせをサイトに載せました。

9月1日からランカウイ号が名称を Ekspres Peninsular と名称を変えて、JB Sentral -KL Sentral - ハットヤイ 1日1往復という運行になります。バタワースには止まらない。

9月1日から ETSの運行として新たに Butterworth - KL Sentral 1日1往復が運行される。

詳しくはイントラアジアのホームページをご覧ください。

  • [128]
  • ランカウイ急行の運行時刻改正について

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 8月26日(水)06時10分8秒
 
E-Ticket でSenandung Langkawi号の時刻を調べてみると、
2015年9月1日から Senandung Langkawi は JB Sentral 発着となり、バタワースを経由しなくなった、
と結論するしかなさそうです。 バタワースを選択駅にすると、Senandung Langkawiが表示されないからです。

KTMサイトはこの件について何らお知らせは出していません。
ランカウイ急行はもともとバタワースニは寄らない列車でしたが、近年はバタワースに寄るようになっていた。
詳しくは Intraasia ホームページの 「マレー鉄道 KTM の案内と旅」ページをご覧ください。


  • [127]
  • Re: SENANDUNG LANGKAWIについてわかったこと

  • 投稿者:chuang
  • 投稿日:2015年 8月22日(土)17時36分24秒
 
早速のお返事ありがとうございます!
お電話までしてくださったとのこと、本当にありがたいです。
貴重な情報をありがとうございました。

いま、ふと思いついて他の駅で検索してみたところ、
例えばIPOH駅-KLセントラル駅だと、一応SENANDUNG LANGKAWIが検索結果に出てきて、
詳細は「no data to display」と表示されていました。
面白いですね。

いずれにしても、路線がなくなったわけではないこと、安心しました!
突然の不躾な質問にご教授くださり、本当に感謝申し上げます。

  • [126]
  • Re: SENANDUNG LANGKAWIについてわかったこと

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 8月22日(土)08時34分19秒
 
> 8月末から9月初旬にマレーシアに行きます。
> クアラルンプール-バターワース間を夜行で移動がしたいのですが、
> マレー鉄道のオンライン予約をしようとすると、
> 9月以降の日付は、夜行列車SENANDUNG LANGKAWIは検索結果に出てこなくなってしまいます。
> 9月以降はSENANDUNG LANGKAWIはなくなってしまうのでしょうか?

E-Ticket でチェックすると、SENANDUNG LANGKAWI号は8月31日までは時刻表通り運行されている。しかし9月1日からは E-Ticket で消えている。KLから北上する他の列車2便は載っているのだが。

指摘の通りまことに奇妙です。そこでマレー鉄道KTMB の公式サイトをチェックしても、お知らせページにこのことは全く載っていない。こういう点がマレー鉄道の長年の悪癖です。

ということでKTMBコールセンターへ電話して尋ねる以外に道はありません。
コールセンターも詳細までは掴んでいないが、9月にまた時刻表改正が行われる(この7月に行ったばかりです)ので、そのために一時的にSENANDUNG LANGKAWI号はE-Ticket で表示されないようになっているとのことです。

係りの話では、SENANDUNG LANGKAWI号は恐らく JB Sentral発着になるようです。そのための時刻調整なのでしょう。いずれにしろまだ細部が確定していないので、暫定的に消えているということです。9月になるまでにはE-Ticketに現れるでしょう、との返事。

ということで、E-Ticekt にSENANDUNG LANGKAWI号が現れるのを待ってください。

いつもながら、マレー鉄道の情報公表態度のお粗末さが利用者を惑わせる一例ですね。





  • [125]
  • SENANDUNG LANGKAWIについて

  • 投稿者:chuang
  • 投稿日:2015年 8月21日(金)00時03分31秒
 
8月末から9月初旬にマレーシアに行きます。
クアラルンプール-バターワース間を夜行で移動がしたいのですが、
マレー鉄道のオンライン予約をしようとすると、
9月以降の日付は、夜行列車SENANDUNG LANGKAWIは検索結果に出てこなくなってしまいます。
9月以降はSENANDUNG LANGKAWIはなくなってしまうのでしょうか?

見落としがありましたら申し訳ありませんが、教えていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

  • [124]
  • Re: 長距離バスの座席番号

  • 投稿者:leftabalone
  • 投稿日:2015年 6月28日(日)14時36分57秒
 
Intraasiaさま

早速の返信をありがとうございます。

空いている席に移るのは、バスに限ったことではないので、
問題になることではないでしょうが、バスの場合、座席番号
どおりじゃなきゃマナー違反なのか、知りたかった次第です。
と申しますのは、小生がバスを利用した際、座席番号とは
関係なく、“好きなところに座っていいよ”と、言われたと
理解していたものですから。

今後は、座席番号に準じようと存じます。

なお、そのTV番組は、現地のコーディネーターまでは
いたのかどうか最後のクレジットをよく見なかったので
不明ですが(そこまでは必要なさそうな旅でしたし)、
BSですから、“視聴率稼ぎ”のようなやりとりには、
見えませんでした。

  • [123]
  • Re: 長距離バスの座席番号

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 6月27日(土)18時57分34秒
 
> 6月25日、芸能人が旅するBSの番組で、イポー発マラッカ行きバスに乗る際、
> ご自分の座席(番号の席)に先客が座っていたため、その御仁は、“あなたの
> 席はあっちだよ”と移動させ、そのやりとりを“スマートに対応した”みたいな
> ナレーションとなっていました。

1回や2回の出来事で全てを理解できるわけはないし、断定すべきではないことはいうまでもない。 芸能人の何々は視聴率稼ぎか視聴者を喜ばせる意図があるのではないだろうか、という疑問が浮かんでくる。

> マレーシアの長距離バスって、チケットに座席番号は明記されていても、座る
> 席はどこでもよい、と理解していたのですが、そうではない(座席番号の人に
> 優先権がある)のでしょうか?

基本は座席番号のとおりに座ることです。
ただしがらがらに空いている場合は、座席番号を守らない人は少なくないし、イントラアジアも空いてる席に勝手に移ります。こういう場合は誰も文句はまず言わないでしょう。

空き席がごく少ないか満席時に、自分勝手に好きな席に座れば当然文句が出て来るし、そもそもそんなことはやるべきことではない。らちが開かなければ運転手や係りに告げて、本来の席に座れるようにしてもらう。

世の中非常識な人間がいるのはどこの国でも同じです。よってある限られた且つごく少ない回数の行為だけで全てを判断しないことです。 何十回と見聞して初めて断定できる。

どこどこの国、何々の地、を紹介するテレビ番組やきれいな写真をちりばめた雑誌類は、どれくらいのその国のまたはその地のプロに相談して製作しているのだろうか?




  • [122]
  • 長距離バスの座席番号

  • 投稿者:leftabalone
  • 投稿日:2015年 6月26日(金)23時26分16秒
 
Intraasiaさま

6月25日、芸能人が旅するBSの番組で、イポー発マラッカ行きバスに乗る際、
ご自分の座席(番号の席)に先客が座っていたため、その御仁は、“あなたの
席はあっちだよ”と移動させ、そのやりとりを“スマートに対応した”みたいな
ナレーションとなっていました。

マレーシアの長距離バスって、チケットに座席番号は明記されていても、座る
席はどこでもよい、と理解していたのですが、そうではない(座席番号の人に
優先権がある)のでしょうか?

  • [121]
  • 2015/7/1からWoodlandsへの直通列車は廃止され、全てJBsentralで乗換えとなります。

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2015年 6月17日(水)21時09分26秒
 
2015/7/1からWoodlandsへの直通列車は廃止され、全てJBsentralで乗換えとなります。
出典は以下。
www.ktmb.com.my/images/KenyataanMediaTrenShuttleJBWoodlands.pdf
従前の直通列車の代替に以下の様なJB sentral~Woodlands間のシャトル列車が設定されます。
JB sentral→Woodlands →JB sentral
5:30       → 5:35/  6:30→ 6:35
7:00       → 7:05/  8:00→ 8:05
8:30       → 8:35/  9:30→ 9:35
16:00     →16:05/17:00→17:05
17:30     →17:35/18:35→18:35
19:00     →19:05/20:00→20:05
22:00     →22:05/23:00→23:05

  • [120]
  • 大水害に被災したマレー鉄道東海岸線のこと

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 3月17日(火)09時57分51秒
 
Intraasia のマレーシアの新聞記事から再録しておきます。

【マレー鉄道東海岸線の再開には2年かかるかもしれない】 2015年3月16日付け

(半島部東海岸州とりわけクランタン州は、2014年11月12月の大水災でインフラが大きな被害を受けた。マレー鉄道KTMB の東海岸線も同様であり、それ以後東海岸線を運行する長距離急行列車は休止中です。)

陸上公共交通委員会 (SPAD) は声明を出して、東海岸線の鉄路は甚大な被害を受けたので、修復には1年ほどを要するであろうとの声明を発表しました。
「運輸省は修復工事の契約を調達を通して結ぶようにと仕事を進めています。」 「修復工事の費用はRM 3億の予定です。」

SPADの官僚は、修復工事が今年中に始まるかどうかはわからないとしています。「我々としては今年中に工事を始めたい。」

マレー鉄道東海岸線はジョーホール州に接するヌグリスンビラン州の町 Gemas からクランタン州のTumpat までの526㎞です。
鉄路の受けた被害は甚大であり、鉄橋が流された所もある。被害が最悪の区間は Manek Urai  - Gua Musang区間です。

「昨年の大水災前までは、東海岸線を走る鈍行が上り下りで計12本にあり、利用者数は1日に約1500人でした。この多くは沿線の村々に住んで通学する生徒たちと鉄道に足を頼る小商い人たちです。」

東海岸線は老朽化した鉄路向上のための改善工事プロジェクトを昨年既に計画していましたが、大水災のために延期されることになった。そこで修復工事が終わったとしても鉄路が最良の状態にはなりません。
鉄路の改良工事は修復工事と並行して行われるようです。そのためこの工事が全て完了するには30か月かかり、総予算はRM 3億7千万位になるようです

東海岸線の鉄路の修復工事が終われば、長距離列車の運行が再開して、クアラルンプールからトゥンパットまで12時間かけて走行できるようになる。その後改良工事も終われば、この所要時間は7時間位に短縮されるとのことです。


  • [119]
  • マレー鉄道バタワース駅

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 1月30日(金)18時41分50秒
 
何年も前から工事中だった、マレー鉄道バタワース駅は、昨年末ようやく完成して、オープンしました。

詳しくはホームページの『ペナン州総合案内』ページをご覧ください。

  • [118]
  • 御教示、感謝!

  • 投稿者:波平
  • 投稿日:2015年 1月24日(土)20時17分8秒
 
 お忙しい中、さっそくの返信ありがとうございました、波平です。
お恥ずかしい限りですが、マレー鉄道に日本国内と同様な自由席等が存在すると考えておりました(大反省、調査が読み取りが、甘かった)。
 また、中華系の春節に対する思いが、国内に長く在住の日本人
とは全く異なる思いが少しは具体的に理解できたように思います。
言い訳になりますが、バンコク着午前5時45分着の列車に乗車予定なので、到着時間には十分余裕を取ったつもりでした。
 御教示に従い、クアラルンプール -バンコクのエアーアジアチケットを購入いたします(大汗)。
 なお、帰国の際は、バンコク ⇒ シンガポール ⇒ クアラルンプールと鉄道の乗車を体験し、帰国するつもりです。

  • [117]
  • 計画自体に余裕がなさすぎる

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 1月24日(土)19時23分10秒
 
なんらかの理由がある場合だけは例外的な措置はあるでしょうが、原則としてマレー鉄道の中長距離列車は全て寝台と座席は指定制です。東海岸の鈍行のみ定員に関係なく自由席です。

仮に長距離列車に自由座席制を取り入れたら、国民の行動様式を考えると混雑期には収拾がつかなくなる恐れがある。

なお東海岸の大水災で、現在マレー鉄道東海岸線は運行されていない。2月に復旧する保証はありません。

> 既に2月20日バンコクのホテル予約、及びミャンマーマンダレー行きのエアーチケットも手配済みの状況のため、2月20日の午前11時前後までバンコクに到着したいと願っています。

最初に書き込まれた時点から大いに気になっていることです。
全てが予定通りに進めば、この日程である2月20日朝11時までにバンコクのフォアランポーン駅に着くことができる。
しかしタイ南部からバンコクへ北上する列車の遅れは、どんな列車であれ、別に珍しくない。朝9時か10時ごろ到着のタイ国鉄時刻表になっているが、1時間や2時間の遅れは当然読んでおくべきです。

ランカウイ急行は正午前にハジャイ着だから、遅れてもタイ国鉄急行に乗ることはできるでしょうが。

問題はここからです。 全ての交通機関が運行スケジュール通りに行くことを前提に余裕の少ない計画を立てるべきではない。これは東南アジアを自由旅行する人は肝に銘じておくべきことです。

いつどこで故障や問題や行き違いが起きるかもしれない。東南アジア各地を10回や20回程度旅行したけど、いつも問題なかったから次回も問題ないだろうというのは、落とし穴です。 ですから少なくとも1日以上の余裕を見ておくことです。


辛口の批評になりましたが、30年以上に渡って東南アジアで行動しているイントラアジアのアドバイスをよく考慮されることをお勧めします。もちろん受け取る方の自由意志ですから、これ以上は言いません。




  • [116]
  • ご確認の御礼

  • 投稿者:波平
  • 投稿日:2015年 1月24日(土)09時53分55秒
 
おはようございます、波平です。
AirAsia の利用は当初から考慮しておりました。
旅を楽しむ視点から、鉄道の利用を考えておりました。 2月18日、KLセントラル発 Senandung Langkawi 20に一般席(日本国内で呼ばれている、自由席等は存在しないのでしょうか? 一般座席普通車?等を利用して、ハジャイに向かう事も旅の楽しさかな?などと考えていますが、年配者には体力や車内の保安等で無謀な行動でしょうか?
最終案として、若し自由席等が無ければ、予約済みのエアーチケットをキャンセル、バンコク直行のエアーチケット再購入を考えています。



  • [115]
  • 旧正月時期の追記

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 1月22日(木)08時23分9秒
 
AirAsia を利用すれば手っ取り早いはずです。もちろん予算は高くなるが、この際仕方ないでしょう。以下1月22日朝時点の状況です。

2月17日18日、いずれもクアラルンプール-ハジャイ便は残っている。
2月17日18日、クアラルンプール -バンコク便は出発時間さえ気にしなければ十分に選択できるほど、便が残っている。

なお旧正月時期ですから、まだ座席と便があるとはいえ、あまり迷っている日数はないと思います。

  • [114]
  • 旧正月時期

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2015年 1月22日(木)07時43分25秒
 
> 2月18日KLセントラル発Senandung Langkawi 20に乗車希望です。
> No108の方と同様、ネットでe-チケットを購入しようとしていますが、座席が選べず先に進めません。

マレー鉄道サイトのE-Ticket のページでは既に2月18日は座席がありません、Availability が全て 0 になっています。要するに売り切れです。 E-Ticketは必ず Availability を確認しましょう
同様に2月17日も19日も売り切れですね。 11日ごろまでは十分に席がある。しかし13日でも売り切れとは少し早すぎる気もする、この理由はわかりません。ひょっとしてプログラム上の問題など何か別の理由かもしれないが、その可能性は非常に少ないでしょうから、期待すべきではないでしょう。

前にも書いたように2月19日20日はマレーシアでは旧正月休暇です。この時期ハジャイへ行く人は大変多い。バス便も多分座席残りが少ないことでしょう。ですから、この時期の移動はお勧めしないと書きました。


参考情報: KTMの規則
長距離列車とETSの前売り切符に関するKTMの公式お知らせが発表されて、2014年4月4日から列車出発日の30日前から(出発日を1日と計算)発売すると変更された。

  • [113]
  • チケットの購入断念

  • 投稿者:波平
  • 投稿日:2015年 1月21日(水)12時05分44秒
 
2月18日KLセントラル発Senandung Langkawi 20に乗車希望です。
No108の方と同様、ネットでe-チケットを購入しようとしていますが、座席が選べず先に進めません。
既に2月20日バンコクのホテル予約、及びミャンマーマンダレー行きのエアーチケットも手配済みの状況のため、2月20日の午前11時前後までバンコクに到着したいと願っています。
上記列車に何とか乗車出来る方法を御教示下さい。

  • [112]
  • 1,2 20,21列車の運転時刻表

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2014年11月28日(金)16時05分21秒
 
1,2 20,21列車の運転時刻表があったのでUPしておきます。

  • [111]
  • KLと東海岸州とを結ぶ長距離バス運行は12月からTBSバスターミナルへ移る

  • 投稿者:Intraasia 
  • 投稿日:2014年11月26日(水)17時41分1秒
 
イントラアジアのサイトで既報したように、長年使われてきた Hentian Bus Putraが11月一杯で閉鎖され、運行は12月1日から TBSバスターミナルへ移ります。

写真はそれを伝えるお知らせを撮ったものです。

  • [110]
  • Re: E-ticket で買うには知識が必要となる

  • 投稿者:yos
  • 投稿日:2014年11月21日(金)19時45分14秒
 
>>109
> 「シンガポール発は、近距離区間つまり寝台はSegamat まで、座席はKluang 駅までの区間は販売しない。ただし座席の場合、Kluang 駅までの区間でも発車時刻の24時間以内になれば発売する(シンガポール駅の掲示に出ていますし、窓口でも確認)」
> なお24時間以内の件は現在でも多分買えると思うが、情報を取ったその後年月が経っているので断定及び保障はしません。
> 賢い買い方はe-ticket で買えるSegamat まで席を買い、Kluang で下車すればよい。

ご回答,ありがとうございました.
本日,HISに行き,最低区間の購入も検討しましたが,KLまでが最低で,一万円でした.とりあえず,現状,鉄道利用は断念しております.


  • [109]
  • E-ticket で買うには知識が必要となる

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2014年11月19日(水)20時04分32秒
 
まずIntraasia のホームページのマレー鉄道のページをよくご覧になってください。

該当箇所を抜き出しておきましょう:
「シンガポール発は、近距離区間つまり寝台はSegamat まで、座席はKluang 駅までの区間は販売しない。ただし座席の場合、Kluang 駅までの区間でも発車時刻の24時間以内になれば発売する(シンガポール駅の掲示に出ていますし、窓口でも確認)」

なお24時間以内の件は現在でも多分買えると思うが、情報を取ったその後年月が経っているので断定及び保障はしません。

賢い買い方はe-ticket で買えるSegamat まで席を買い、Kluang で下車すればよい。
しかし
11月30日は日曜日、さらに学校の年度末休み期間中なので、混んでいる。従ってWoodlands 16時発 Sinaran Selatan号はほとんど空き席なし、わずか1席残(これを書いている現時点)のみ。

マレー鉄道サイトのSeat Availability をクリックして販売状況をご覧ください。Sinaran Selatan号は22日23日の週末は既に空き席ゼロです。だから翌週も似たようなものだと推測できる。

残る手はジョーホールバルからバスでKluangへ行くことですね。Kluang行きのバスは頻繁にある。

e-Ticket は座席の空きがない場合だけでなく、30日前の購入期限以外でもゼロ表示される。不親切なプログラムなので利用者に知識が必要です。
なおSinaran Timur という列車がいつも表示されるが、この列車は鈍行になったので、e-Ticket ではもはや購入できない。鈍行は扱われないからです。

こういう買えない列車が依然としてE-Ticket では表示されるように、不備のあるプログラムです。仕方ないので利用者側が知識を持って使う必要があります。


> 日本のJTBではマレーシアの鉄道の予約を行っていないため、困っております。

マレー鉄道に素人のJTBの職員がこの種のことを知るわけがない。たとえ買えたとしてもやめるべきですな

  • [108]
  • e-チケットの購入法

  • 投稿者:Yos
  • 投稿日:2014年11月19日(水)09時32分31秒
 
出張で、今月30日、シンガポール→クルアン間の鉄道利用を計画しています。
ネットでe-チケットを購入しようとしていますが、座席が選べず、先に進めません。
クルアンまで迎えに来てもらう約束になっているため、予め予約したいのですが、
日本のJTBではマレーシアの鉄道の予約を行っていないため、困っております。
購入方法をご教授頂ければ幸いです。なお、16時にWoodlans発の列車です。
よろしくお願い申し上げます。


  • [107]
  • 御礼:マレー鉄道の高齢者・シニア("Wargamas")割引の最新情報

  • 投稿者:波平
  • 投稿日:2014年11月16日(日)12時21分58秒
 
 表題の情報を拝読させていただきました、お忙しいなか御足労を感謝しております。

 3月下旬から4月上旬にかけて、Padang Besarから、"Wargamas"を利用し、
Butterworth (Senandung Langkawi21)⇒ Sentral KL(乗換)(Ekspres Sinaran Selatan13)⇒ Woodlands。
JB Sentral
(Senandung Sutera24)⇒ Sentral KLと利用させて戴くつもりです。

 E-チケットの申請につきましては、ネット記載文を拝読すると苦戦されている方も多々おられるようです。
今後は、2015年2月18日、Sentral KL発(Senandung Langkawi20)⇒ Hat yai のE-チケットを購入すべく、PCと格闘するつもりです。
 これにつきましても、懲りずにご指導ご教示いただければ幸いです。

 。
 

  • [106]
  • マレー鉄道の高齢者・シニア("Wargamas")割引の最新情報

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2014年11月14日(金)19時32分27秒
 
イントラアジアのホームページの「マレー鉄道」のページで載せている
マレー鉄道の高齢者・シニア("Wargamas")割引の情報は、KL Sentral駅で確かめたところ、古くなっていたことがわかりました。

そこでその部分を全面的に更新して、最新情報にしました。
詳しくはホームページをご覧ください。


  • [105]
  • Re: 返信御礼:マレー鉄道のシニア世代用割引カードのこと

  • 投稿者:波平
  • 投稿日:2014年11月13日(木)09時53分23秒
 
 おはようございます、神奈川県逗子市在住の波平です。
御面倒な質問に返信戴き誠にありがとうございます。

 質問内容に対し、わざわざ「KL Sentral駅」まで出向いて詳細を確認されて戴けるとの事、恐縮しております。(出来ればその際、割引率も確認して戴ければ幸甚です。)

「2015年2月19日と20日は旧正月」との事(しまったー、やっちまったー!)、すっかり忘れており、本年の7月にエアーアジアで羽田⇒KLIAのチケットを購入してしまいました。
 ラオスの情報ありがとうございます、時間に制約が有りませんのでアドバイスに従うつもりです。

>>104
> >  1.具体的な申請窓口及び申請書の入手・記載内用等。(写真等が有れば参照希望)
>
> 当ホームページの該当ページに窓口オープン時間を加えておきました。
> 申請用紙は窓口でもらってその場で記入すればよい。写真に関しては不明なので、近いうちにKL Sentral駅へ行った時に尋ねます。
>
> >  2.kCセントラル駅で、上記申請は可能か。
> もちろん KL Sentral駅で申請します(駅名を間違えないように)
>
> >  3.申請後の割引対象は、即座に運用されるのか。
> 即時発行か翌日か忘れたので、この件も尋ねます。
>
> >  4.割引対象の適用範囲は、どの様なものか。 例 特定列車、特定クラス
>
> 基本的にKomuterを除くすべての中長距離列車に適用される。 詳しくはこの件も尋ねます
>
>
> > 追伸:下記日程のKTM及びタイ国鉄利用について、アドバイス戴ければ幸甚です。2015年2月18日、
>
> 2015年2月19日と20日は旧正月です。従ってそのあたり1週間ぐらいの日程は早いうちから売り切れる。
> はっきり言って、交通機関に混雑があるため旧正月時期はあまりマレーシアでの移動に向いていません。
> ハットヤイは旧正月時期はいつも以上にたくさんのマレーシア人旅行者が訪れる。ハットヤイ以北はほとんど影響ない。
>
> マレー鉄道(KTM)はタイ国鉄の切符を一切扱いません、逆も同様です。これはホームページで
> 詳しく書いていることですからよくお読みください。唯一例外として扱うのはバタワース発の国際列車1本だけ。
> タイ国鉄の切符はハットヤイ駅で買うのがいいでしょう。
>
> ラオスは幹線道路事情がそれほどよくないので、陸路での移動はタイよりはるかに時間がかかる。例えばビエンチャンからラオス北部へ行くバスは朝早い時間に出発する便しかないように、本数が少ない。。
> ラオスが初めての人は、焦らずゆっくりと旅行するようにしましょう。
>
>

  • [104]
  • マレー鉄道のシニア世代用割引カードのこと

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2014年11月12日(水)19時43分40秒
 
>  1.具体的な申請窓口及び申請書の入手・記載内用等。(写真等が有れば参照希望)

当ホームページの該当ページに窓口オープン時間を加えておきました。
申請用紙は窓口でもらってその場で記入すればよい。写真に関しては不明なので、近いうちにKL Sentral駅へ行った時に尋ねます。

>  2.kCセントラル駅で、上記申請は可能か。
もちろん KL Sentral駅で申請します(駅名を間違えないように)

>  3.申請後の割引対象は、即座に運用されるのか。
即時発行か翌日か忘れたので、この件も尋ねます。

>  4.割引対象の適用範囲は、どの様なものか。 例 特定列車、特定クラス

基本的にKomuterを除くすべての中長距離列車に適用される。 詳しくはこの件も尋ねます


> 追伸:下記日程のKTM及びタイ国鉄利用について、アドバイス戴ければ幸甚です。2015年2月18日、

2015年2月19日と20日は旧正月です。従ってそのあたり1週間ぐらいの日程は早いうちから売り切れる。
はっきり言って、交通機関に混雑があるため旧正月時期はあまりマレーシアでの移動に向いていません。
ハットヤイは旧正月時期はいつも以上にたくさんのマレーシア人旅行者が訪れる。ハットヤイ以北はほとんど影響ない。

マレー鉄道(KTM)はタイ国鉄の切符を一切扱いません、逆も同様です。これはホームページで
詳しく書いていることですからよくお読みください。唯一例外として扱うのはバタワース発の国際列車1本だけ。
タイ国鉄の切符はハットヤイ駅で買うのがいいでしょう。

ラオスは幹線道路事情がそれほどよくないので、陸路での移動はタイよりはるかに時間がかかる。例えばビエンチャンからラオス北部へ行くバスは朝早い時間に出発する便しかないように、本数が少ない。。
ラオスが初めての人は、焦らずゆっくりと旅行するようにしましょう。



  • [103]
  • マレー鉄道:「高齢者割引の具体的な、内用及び申請について」

  • 投稿者:波平
  • 投稿日:2014年11月12日(水)13時40分40秒
 
 此方のサイトを参考にさせていただき、マレー鉄道:「高齢者割引」の条件は、60歳以上、会員登録制、 Senior Citizens Discount Card の申請後適用する。  登録費用はRM 5。
 申請時に証明用にパスポートを提出。このことから外国人も対象に含められたと解釈させていただきました。
 さて以下について、御存じの方、若しくは申請及び利用された御仁が居られれば、教示願いたい。
 1.具体的な申請窓口及び申請書の入手・記載内用等。(写真等が有れば参照希望)
 2.kCセントラル駅で、上記申請は可能か。
 3.申請後の割引対象は、即座に運用されるのか。
 4.割引対象の適用範囲は、どの様なものか。 例 特定列車、特定クラス
 例 特定列車、特定クラス 乗車運賃に限る(全線、遠距離のみ)、寝台を除く等

追伸:下記日程のKTM及びタイ国鉄利用について、アドバイス戴ければ幸甚です。2015年2月18日、kCセントラル駅発⇒ハジャイ(タイ)バンコク経由タイ北部、チェンマイ)
ラオス(チェンコーン イン⇒ターナレーン アウト)
ミャンマー(空路ドンムアンAPアウト⇒マンダレーAP‐鉄道利用-ヤンゴンAPアウト⇒ドンムアンAPイン)を観光予定

 2015年4月上旬、タイ湾南部諸島観光⇒パダンプサールで、KTMVisit Malaysia Railpass:ktm(ツーリスト向け鉄道パスを購入)⇒ バタワース⇒シンガポール⇒JB⇒KCL AP空路アウト⇒羽田AP


  • [102]
  • KTM東海岸線乗車記(2014年8月) その4

  • 投稿者:ki
  • 投稿日:2014年10月31日(金)17時25分10秒
 
ここでもタクシーは、メーターなしの定額運賃です。コタバルは、某ガイドブックを見る限り戦争博物館ぐらいであまり見るところもないようです。

とりあえずセントラルマーケットの2階のフードコートで食事にします。フライドチキンがおいしい。スープ麺もうまい。このくそ暑いのにスープ麺なんて嫌だと思ったのですが、ミーゴレンとかやっている店が見つからず、インスタント麺で作るみたいなことを言われて、仕方なくスープ麺にしました。ベトナムのフォーに似た感じで、これがあっさりとしててうまい。

食事の後は、クーラーが効いているショッピングセンターで時間をつぶして、WAKAF BAHARUに戻ります。シャワー浴びたかったのですが、ゲストハウスのようなところに行ってシャワーだけ使えないか頼んでみたのですが、断られてしまいました。駅のトイレに履き替え用のサンダルがおいてあるところもありますので、そこで水を浴びることができるのかもしれませんが、荷物をどうする、脱いだものを個室内のどこにおくのかといったような具合で実行するには問題山積なのであきらめました。

WAKAF BAHARUでクアラ行きSENANDUNG WAUを待ちます。色が毒々しい緑色のファンタを飲み、猫をかまって。

18:15ごろにTUMPAT行きのSHATTLEが入ってきて、ホームは一つしかないのでどうするのか、そのまま出発すると単線だからダメだがなと思っていると、入れ替えて側線に移動します。これでSENANDUNG WAUをやり過ごすことができます。

定刻18:17に5分ぐらい遅れてSENADUNG WAUが入ってきます。機関車の後に2等座席車+食堂車+2等寝台車+荷物車(電源車)の編成で、寝台車はざっと6両、号車番号にW4+1とか表示された車両もあり、増結車なのでしょうか。座席車も4・5両ぐらいでしょうか。結構長い編成です。1等寝台は連結されていません。

発車時点の寝台車は50%ぐらいの乗車率です。夕食は食堂車で取ります。冷房が効いていないというか、折り返し待機中に熱を溜め込んだのか少し暑い。無難なところで、ナシゴレン。味のないEKSPRES RAKYATのものと違い、色のついたきちんと味のあるナシゴレンです。各テーブルの上に、包装された市販品のケーキのようなものが箱ごと置いてあります。バナナとブルベリーの2種類が、あり、テーブルによって違います。どちらかというとバナナの気分だったので、隣のテーブルから拝借し、デザート代わりに。無料のはずはないので、食べ終ったパッケージを見せて精算。

目が覚めると進行方向が変わっていたので、西海岸線に入っているようです。ただ時刻どおりであれば、そろそろクアラが近い雰囲気のはずですが、とてもそんな感じはしません。通過駅名をなんとか確認すると、どうやら1時間以上遅れているようです。寝る前のGUA MUSANGまではほぼ定時でしたから、その後どこかで遅れたようです。結局定時の8時ちょうどから1時間半以上遅れてKL SENTRALに到着となりました。(終わり)

  • [101]
  • KTM東海岸線乗車記(2014年8月) その3

  • 投稿者:ki
  • 投稿日:2014年10月31日(金)17時19分16秒
 
で、第3日目、少々余裕をもって6時少し前に駅に到着してみると、もう列車が着いています。あわてて乗ろうとすると、駅員か車掌らしき人が切符を見せろというので見せると違うといい、もう一人が見てこれに乗れといいます。一体何なんだと思いながら乗ると、まだ定刻6:12に10分以上もあるのに発車してしまいました。指定されたT5号車がなく、おかしいと思っていたところ、やっと気がつきました。この列車、クアラからのSENANDUNG WAUで2時間近く遅れていたのでした。余裕を持って駅に来てよかった。遅れが拡大しながらも何とかGUA MUSANGに到着しました。

窓口で82-SHUTTLEの切符を買います。各駅停車とはいえ5時間以上乗ってたったのMYR7.80約250円です。

定刻9:14発ですが、一向に入線しません。列車自体は、駅のホームのない線路上に待機しています。仕方ないので、駅の売店というか食堂と化したホーム上の待合スペースでコピを飲んで待ちます。

ここに限らず、主要駅のホーム上や駅前広場が食堂となっているのがKTMの定番で、駅付きの猫が必ずいます。犬もいることもありますが、猫は必須アイテム。ほとんどの客はまるで気にしていません。警戒心も薄いのが多いようで、大体触らせてくれます。中には必ず人懐こいのがいますので、猫好きには日本の猫カフェより満足できます。

9:30近くになって、遅れていたシンガポールからのSENANDUNG TIMURANが発車し、しばらくすると機関士や車掌らしき係員が3人ホームから線路に降りて乗り込みます。乗客はどうするのかな、やはり線路に下りて乗るのかと思いながら眺めていると、乗客らしき人は誰も動かないので待ちます。列車は、一旦バックでGEMAS側に引き上げ、前進でホームに入ってきました。機関車の後ろに3等車のみ3両+トレーラーに屋外用発電コンテナを載せた電源車で編成されています。一応一番新しそうな最後部の車両に乗り込みます。全て3等車ですがエアコンがついていてGUA MUSANGまで乗ってきた2等車と設備的には変りはありません。入線してから10分ぐらい経ったところで駅長らしき人も登場し、出発のようです。車内はガラガラで、同じ車両には、3人ぐらいしか乗っていません。ただでさえ運賃が安いところ、こんなでは線路の改修もできないだろうと心配してしまいます。


で、30分以上遅れて出発です。東海岸線は別名「ジャングルトレイン」とも言われますが、乗ってみた感じではGUA MUSANG以北でではびっくりするような場所はほとんどありません。確かにジャングルだなという場所はいくつもありますし、寄り添う川もジャングルの川の風情です。が、少し走ると人工物があったり、ゴム農園や開けた場所になってしまいます。では、つまらないかというとこれが結構楽しいのです。優等列車の止まらない小駅でも、ほとんどの駅に隣接して飲み物を売る店があり、たいてい屋根付の待合スペースがそばにあったりくっついていたりします。中にはクッション付きの籐の椅子とかソファーらしきものも置いてあったりします。各駅で競って寄ってくれといっているみたいでなかなか面白いのです。もっとも、誘いに負けて降りてしまうと、列車がなくて路頭に迷う恐れがありますけど。そんな小駅からでもかなり頻繁に乗降があり、だんだん席も埋まってきます。ジャックと豆の木かといいたくなるような長さ50センチ近い大きな豆の鞘などを持った行商人?も乗り込んできます。

KTMの役立たずの時刻表では主要駅といえども(KLセントラルですら)停車時間がわかりませんし、そもそも遅れていますから時刻表どおりには行きませんので、停車した駅で何かを買うわけにはいきません。GUA MUSANGではナシ・レマや甘いものしか売っていなかったので何も買ってこなかったのですが、ちゃんと車内販売というか物売りが回ってきます。売っているものは、ビニール袋に包んだ食べ物で、フルーツや袋入りのスナック菓子、鶉のゆで卵などがあり、円形の物干しのようなものにつるして運びます。一袋せいぜいMYR5ぐらいでまあ日本人的には安いのですが、鉄道運賃に比べると高いですね。鶉の卵は6個入っていました。なかなかおいしい。マンゴーも小1個分ぐらいあります。一つ前の車両には、バナナの葉らしきもので包んだものがぶら下っています。ナシレマあたりなのでしょうが、あまり商売っ気がなく売りには回ってきません。

ダイヤに余裕があるせいか、徐々に遅れが回復しており、WAKAF BAHARUには15分程度の遅れで14:30ごろ到着しました。TUMPATまで行きたいところですが、何もないとのことなのでコタバルへの足がないと時間を持て余してしまいます。そこで、下車することにしました。
(続く)






  • [100]
  • KTM東海岸線乗車記(2014年8月) その2

  • 投稿者:ki
  • 投稿日:2014年10月31日(金)16時53分11秒
 
で、無事SEGAMATに到着したので、明日のKUALA LIPISまでの切符を買っておこうかと窓口に行きますと、何と朝の列車はない、今晩の12時のしかないよ、というではありませんか。一瞬頭の中が真っ白になりましたが、何とか気を取り直して路頭に迷わないよう思案します。第一案は、1時間ほどで北行きのEKSPRES RAKYATが来るのでこれでクアラまで撤退。第二案は、夜12時の夜行に乗ってしまう、しかしKUALA LIPISでは朝6時代で早すぎるので8時過ぎのGUA MUSANGまで行って、KUALA LIPISまで戻れば昼前になります。SEGAMATのホテルもいまさらキャンセルしてもダメなので、12時まで仮眠に使えばよい。そう考えて第二案で決まりです。
改めて窓口に向かい、GUA MUSANGまで、ダメもとでSLEEPERはあるかと言ってみました。実は、日本での計画段階では、シンガポール始発のこの夜行列車の寝台が30日前でも全く取れず、それでクアラからにしたので、まるで期待していなかったのですが、すんなり寝台が取れてしまいました。やれやれということで、駅前が食堂と化しているので、そこで食事をしてホテルで休みました。

KTMの時刻表は掲載時刻が発車時刻なのか到着時刻なのか判然とせず、シンガポール始発の列車が時刻どおりに来るかという不安もありましたが、0:21発の30分ほど前に駅に戻ります。駅前食堂はまだ営業中で、ビールなどを飲んでいるグループもあり、まるでビアガーデンです。

ほぼ定刻に、SENANDUNG TIMURANが入線し、無事乗車できました。席は、車両のほぼ真ん中の下段で、よくこんなよい席が取れたなと思ってみていると、空席も結構あります。どうやら、全ての席をe-TICKETで売らないのか、
売れ行きがよいと後で増結をするのかの、いずれか又は両方だと思います。なお、1等寝台の連結はなく、2等の寝台と座席+食堂車で編成されています。これは、SENANDUNG WAUも同様です。
KTMの2等寝台は初めてなのですが、マットもあり寝心地はまあまあです。ただし、上にかけるものは、化繊と思われるシーツ1枚で毛布ではありません。寒がりの方は何かかけるものを持って乗るか、着込んで寝ることを考えるべきです。また、カーテンの隙間が大きいので、女性は着替えをするとすれば躊躇してしまうかもしれません。更衣室などという気の利いた設備はありませんので。楽に横になれる座席だと思ったほうがいいでしょう。

朝目が覚めると、遅れているようです。GUA MUSANGでの折り返し待ち時間は1時間以上あるのですが、いささかはらはらさせられます。
1時間弱の遅れでGUA MUSANGに到着し、折り返しのSHUTTLEの切符を買うべく窓口に行くと、なんと、KUALA LIPISに行く列車はないというのです。どうやら、GUA MUSANG以南の昼行列車はすべて運休ということなのです。
それがわかっていれば、対処のしようもあったのですが、SEGAMATの駅でもっとよく確認をしておくべきだったのです。しかし、もう手遅れです。KUALA LIPISのホテルを放棄し、このままTUMPAT方面へ行く、はたまた、ここで泊まる?バスでクアラに戻る?などの選択肢もあります。
とりあえず、ホーム上の食堂というかカフェ(スタバみたいなものを想像しないでください。)でコピを買い、思案します。結局のところ、明日(3日目)の夜にクアラまで帰る夜行列車は確保しているので、今晩どこで泊まるかに尽きるのですが、この駅の周辺にはホテルらしきものがありません。ここは観光地の入り口のはずなので、ホテルが全くないはずはないのですが、駅から遠いのは面倒です。ならばいっそのことKUALA LIPISで泊まることにして、あとはどうやってたどり着くかです。バスはないのか聞いてみるとないといいます。
タクシーだといくらぐらいか聞いてみるとMYR130だというのです。日本の感覚だと100キロ以上あるので安いといえば安い。しかし、今晩のホテルはMYR90ほどでばかばかしい気もするのですが、タクシーで行くことにしました。
タクシーは、タクシーステーションからでないと乗れないというので、なんとなく怪しげな気もしましたが、腹をくくってタクシーステーションまで車に乗せてもらいます。普通の乗用車、クーラーのないボロい日産車なので白タクなのかと不安でしたが、バスステーション兼タクシーステーション、といっても未舗装の広場に本当にタクシーがいて、まんざら嘘はないようです。タクシーは、ちゃんとタクシーなのですがメーターがなく、料金表が掲示されていて、確かにMYR130です。そんなで無事KUALA LIPISにたどり着けました。
まだ昼前でしたが、ホテルにチェックインして、駅に行きます。念のため聞いてみると、やはりTUMPAT方面(北行き)は、夜行しかないとのことで、朝6:12発のSENANDUNG TIMURANの2等座席をGUA MUSANGまで買い、線路際のフードコートのような場所で食事をし、MAYBANKでキャッシングをします。
KUALA LIPISに泊まる計画にしたのは、明るい時間に乗るためなのですが、もう一つ、街の中心部が川沿いだからです。熱帯の河川を間近に眺めてみたかったからです。早速川に行ってみると、川の水こそ熱帯の黄土色ですが、護岸工事がされておりあまり風情はありません。対岸は自然の崖のため、そこだけジャングルでした。
この街は華人が多いらしく、中華系のフードコート、といっても建物の2階が外壁がなくオープンになっているところがあります。経済飯がなかなかです。駅前から川に降りていく道が建物内の回廊のような階段になっていて、その両脇にも中華系の店(飲食店がほとんど)があります。
しかし、フードコート始め中華系の店は、夜は営業しないらしく、14時過ぎあたりで閉めてしまい、夜やっているのは点在するマレー系の店だけです。したがって、夜はカレーということに。遅くまでやってそうもないので、早めに食べて、翌朝早いのでさっさと寝ることにします。
(続く)

  • [99]
  • KTM東海岸線乗車記(2014年8月)

  • 投稿者:ki
  • 投稿日:2014年10月31日(金)16時42分50秒
 
(2014年)8月にKTM東海岸線に乗ってきましたので、以下御参考までに。長文御容赦。帰国後に忙しくて投稿が遅くなってしまいました。

実は、こちらのサイトやKTMのサイトを注意深く見ていなかったため、東海岸線の昼間運行停止についてまったく認識しないまま行ってしまったのです。7月に時刻表はKTMのサイトから印刷してそれで計画し、予約もKTMのe-Ticketでとったのですが、その限りでは何の異常も感じませんでした。もっとも、事前に情報をキャッチしてたら、東海岸線乗車は断念したと思います。

クアラ発着で、昼行列車で東海岸線のほぼ全線を乗ろうということで、GEMASとKUALA LIPISでそれぞれ1泊し、TUMPATから夜行で戻る計画を立てました。GEMASで泊まるのはばかばかしいとは思ったのですが、同駅10:47発の列車(TRANSIT)に間に合う列車はなく、バスも余裕時間が少ないため断念しました。
KTMのサイトから、クアラ-GEMASのEKSPRES RAKYATの1等座とTUMPAT-クアラのSENANDUNG WAUの2等寝台下段を確保しました。ところが、GEMASのホテルがネットでどうしても予約が取れません。現地に行けば泊まるところくらい何とかなるとは思いましたが、宿を探すのも面倒なので思案した結果、西海岸線でGEMASの一つ先の停車駅であるSEGAMATの駅の近くのホテルを予約しました。

さて、クアラ出発の前日、KLセントラルのKTM窓口でEKSPRES RAKYATの変更を申し出ると、窓口係員(女性)は「できない」といいます。隣の窓口の係員(女性)も一緒になって口をそろえてできないといいます。しかし、こちらはGEMASじゃなくてSEGAMATまで行きたいのだと言うと、車掌に言えというのです。
別にe-tiketだからといって割引になっているわけでもないし、e-Ticketを無効処理して席を取り直し、差額があればそれを請求すればいいだけのことだと思うのですが。

で、第1日目(8月5日)は、KLセントラル駅14:00発のEKSPRES RAKYATに乗ります。ちなみに、ラウンジも行ってみました。クーラーが効いてて、わりとすわり心地のよいソファーでしたが、飲み物は水(ウォーターサーバー)だけです。場所は、ホームへの入り口がある階より一つ上の階にあります。
15分ほど前に、下車客が出てきて(始発でないので)、それから改札開始です。1等車はR1号車とR2号車の2両で、R2号車の方が新造車で青地のシートです。残念ながら予約したのはR1号車でした。
ガラガラかと思ったのですが、発車時点の乗車率9割といったところ。
で、車掌にSEGAMATまで行きたいというと、面倒くさそうな顔をして何やら言って去ってしまいました。ダメだという感じでは全くなかったのでこれでよしとします。仮に差額があったとしても、申告を受けた駅及び車掌が徴収しようとないのですからこちらの責任ではありません。
食堂車も営業していました。ただ、クーラーが効いてなく暑いので、どう見てもおかま風の従業員からナシゴレン(味が薄い)とコーラを買い自席に戻りました。しばらくすると、その従業員が来て、客室内に積み上げられたダンボールをあけ、水のペットボトルを配り、その後、何やらパックを配ります。中身は、直径15センチ近い大きさのドーナツでした(そんなに甘すぎずわりとおいしかった)。
何気に窓の外を見ていると、隣の線路の枕木が細く、そして間隔が広いことに気がつきました。これでは、揺れるし、列車が少ないくせにスピードも出ないわけです。
そのほかに非常に気になるのは、トイレが垂れ流しであることです。新造のR2号車も例外ではありません。KTMの全ての列車が垂れ流しなのでしょう。駅に停車中は使用を控えねばなりませんし、走行中でも沿線に人家のあるところでは使用がためらわれます。
これは車両が韓国製だからという理由ではなく、おそらくはタンク式などにした場合は車両基地に処理設備を備える必要があるところ、そんな設備はないということが原因と推測します。マラヤタイガーでしたか、日本製の車両による急行が運休となっているもこれが原因だったりとも思ってしまいます。とにかく停車中にトイレが使えないのは困りもので、夜行列車など停車時に目が覚めてトイレに行きたくなるものです。
GEMAS付近は、近代化改修工事がされたのか、立派な風情です。極めつけはGEMAS駅で、ホームが3面、関東式に言えば6番線まである立派な駅になっていました。しかし、いったい一日何本の列車があって、こんな立派な設備が要るのか,はなはだ疑問ですけど。列車内から駅の外を伺い見るに、駅前にあるはずの予約できなかったホテルらしきものは見当たりません。そもそもまるで活気がなく、鉄道の近代化工事が終わったあたりで廃業しているのかもしれません。
(続く)

  • [98]
  • マレー鉄道の複線電化プロジェクトの進捗に関する情報

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2014年10月20日(月)18時35分12秒
 
1990年代に提起された西海岸線の複線電化プロジェクトは、長い間の凍結・停止の後、2000年代に入って進行し始めた。そして現在ではかなり進捗している。

2014年10月20日付け記事から、マレー鉄道関連を再録しておきます。

1.西海岸線のイポー - グマス 区間における複線電化工事は既に終了した、運行開始できる状態である
2.イポー -パダンブサール 区間の複線電化工事は今年の6月に終わった。
3.ブキットムルタジャム -バタワース区間での工事は2014年末までに完成する予定。
4.グマス -ジョーホールバル区間の複線電化プロジェクトに関しては、2015年に建設会社に工事を委ね、完成には4年をみている。
以上

マレー鉄道の複線電化は旅行者には大いに楽しみですね。

  • [97]
  • 旅の掲示板をご覧になる方々へお願い

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2014年 8月21日(木)18時59分40秒
 
ホームページにおけるマレー鉄道のページをご覧ください。

KTM の情報が更新されたので、それに合わせて8月17日付けで更新しています。なお毎日KTMのサイトを見ているわけではないので、ホームページ上での更新が多少遅れることは承知おきください

旅の掲示板に書くのは、ごくごく一部の情報であり、常に新しい情報を更新して載せているわけではありませんし、古い情報が残ったままとなる。さらに掲示板では詳しいことは書けません。

これは掲示板という性格からどうしてもそうなります。あくまでもIntraasia の主力はホームページに1990年代から書き続けているマレー鉄道ページです。掲示板はそのための入り口です。


  • [96]
  • Re: マレー鉄道KTM の東海岸線で急行列車は2014年8月15日以降全て運行休止

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2014年 8月20日(水)20時41分7秒
 
> Intraasia注: 要するに、クアラルンプールとトゥンパット間を運行するWAU急行、及びシンガポールとトゥンパットを運行する Timuran 急行は運行されないということです。

上記は情報が度々改訂されたので誤解しているようなんですが。
8/15からダイヤ改正で幾本かは昼間の長期保守間合い確保に支障があるので削除されましたが
運行されないとされている列車は時刻改正の上、継続して運行されている様です。
一応、e-Ticketでも予約直前まで画面が進みます。

  • [95]
  • マレー鉄道KTM の東海岸線で急行列車は2014年8月15日以降全て運行休止

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2014年 8月 3日(日)15時40分31秒
 
マレー鉄道KTMからのお知らせ - 2014年7月中旬

陸上公共交通員会(SPAD)からの2014年7月11日付の指示に従って、東海岸線の運行時間を次のように直ちに変更しました:
・毎日の運行時間は 21時から翌9時まで
・毎日の運休時間は 9時から21時まで

この運休時間を利用して、線路の点検と保守と修理を行います。
このためこれまで東海岸線を運行していた、急行と鈍行を合わせて全12本の列車中、鈍行の2本が運行停止となった。

Intraasia注: クアラルンプールとトゥンパット間を運行するWAU急行、及びシンガポールとトゥンパットを運行する Timuran 急行は夜間走行が主体なので、8月14日まではこれまでと同様に運行される。

マレー鉄道からのお知らせ -2014年8月初旬

(上のお知らせで示した件の次の段階です)
東海岸線の Gemas - Gua Musang 区間では既に朝9時から21時まで全ての列車運行を停止しているため、マレー鉄道は2014年8月15日以降の東海岸線の急行列車については時刻改定することになります。

そこで今後追ってお知らせを出すまで、東海岸線の急行列車の切符販売と予約を 2014年8月15日以降は停止します。

Intraasia注: 要するに、クアラルンプールとトゥンパット間を運行するWAU急行、及びシンガポールとトゥンパットを運行する Timuran 急行は運行されないということです。


  • [94]
  • Transnasional バスの半分くらいの北部路線がTBSバスターミナルでの発着になった

  • 投稿者:Intraasia
  • 投稿日:2014年 7月13日(日)18時33分44秒
 
旅行関係のニュースなので、2014年7月13日付け 「新聞の記事から」を再録しておきます。


( クアラルンプールの中長距離バスターミナルは、北部路線が Pudu Sentral と Hentian Duta の2つのターミナル、南部路線が TBS バスターミナル、 東海岸路線が Putra バスターミナル、と分かれて運営されてきた。さらにパハン州方面だけに特化した屋外式の小さなターミナルPekeliling バスターミナルがある。いずれもイントラアジアのホームページで1990年代の昔から詳細に載せており、随時更新しています。
Konsortium Transnasional Berhad は国内最大の中長距離バス会社であり、通称 Transnasional バスを運行し、その路線網は半島部のほとんどの都市への路線を擁している。また Plusliner バスもこの会社の翼下です。)

Konsortium Transnasional Berhad は2014年7月11日から、クアラルンプール発着の北部方面行きバス 12路線を TBSバスターミナルに移しました。
12路線: Lumut, Ipoh, Seri Iskandar, Manjung, Parit Buntar, Batu Gajah, Bota, Ayer Tawar, Kuala Kangsar, Penang, Butterworth, Sungai Petani.

Konsortium Transnasional Berhad の幹部は言う、「このことで、北部路線の乗客もクアラルンプールのひどい交通渋滞をさけることができます。Bandar Tasik Selatan地区にあるTBSバスターミナルは、発着するバスにとってターミナルとの行き来が Pudu Sentral に比べて容易です。従来の2つのバスターミナルに比べて、15分から20分の時間が節約できる。」

「Transnasional のダブルデッカー車は車高制限のために Pudu Sentralバスターミナル内へは入れませんから、乗客はPudu Sentralバスターミナル脇の道路で乗り降りしなければならない。」 「TBSバスターミナルは、Pudu Sentral と Hentian Duta の2つのターミナルに比べて設備が良く、きれいです。」
「Pudu Sentral と Hentian Duta の2つのターミナルで Transnasional バスが北部路線の全ての運行を止めるということではない。乗客に選択を増やすということです。運賃は従来の運賃と同じです。」

Intraasia 注: Konsortium Transnasional Berhadの幹部に言われなくても、TBSバスターミナルは Pudu Sentral よりはるかに良いことは、多くの常連利用者なら知っていることです。長年クアラルンプールのバスターミナルを詳細に伝えてきた者として、TBSバスターミナルはマレーシアで最良のバスターミナルだと評価する。何よりも良いのが、うるさく横柄で性質の悪いバス切符売り屋がいないことです。
 Pudu Sentral はこの10年の間に多額の予算をかけて数回の大改造を行った、しかし満足した使い勝手は改造完成当初のわずかの期間だけであった。 Pudu Sentral ビルのオーナーである UDA(都市開発公社)はメンテナンスに予算を割かず、ターミナル運営に人手を減らした、そうしたお粗末な運営のために電光掲示板がほとんど機能しておらず、バス切符売り屋がビル内を朝から夜まで我が者顔でのさばっている。 待合い椅子も減らされた。昔のPudu raya時代と大して変わらないほどひどい運営だ。 SPADの取締りはごく少なく、その時だけごろつきの切符売り屋が姿を消す。 2000年代初期以降各バス会社が急速に増やしたダブルデッカー車はその車高のためにPudu Sentral 内のプラットフォームに入れない。 とにかく Pudu Sentral は欠点だらけのバスターミナルに成り下がった。
当局には将来的に、TBSバスターミナルで北部路線と南部路線の両方を発着させるという案があるそうです。Transnsional バスの一部路線が TBS移転したのは良い決定ですね。


  • [93]
  • Re: バス切符をカウンター購入の場合、価格が上乗せされる理由

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2014年 7月10日(木)13時01分18秒
 
先日、ご回答頂いた件につき、行ってきましたので以下にて報告します。
バス切符のカウンター購入について。
帰路、Puduraya20:10発Amanjaya行コンソーシアムバスの切符を直営カウンターで購入し
保険料(RM0.10)加算のRM19.20で上乗せ無く購入出来ました。
また言及されている通り、注意深くみると他社カウンターも委託カウンターであれば
複数運行会社のロゴや委託会社名等が表示されているので大体見分けることが出来ました。

  • [92]
  • Re: StarShutlleのKLIA行きPudurayaバス乗場はどこ?

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2014年 7月10日(木)13時00分15秒
 
先日、ご回答頂いた件につき、行ってきましたので以下にて報告します。
StarShuttleの[KLIA方面行き/KLIA方面からの到着]のバス停位置について。
 バスはPudurayaターミナル前の交差点のLRTの橋脚の終端でUターンし、
Tun Perak 通りのMyDIN前のRapidKLのバス停に停車しました。
(KLIA方面からだと、そのまま左折しその停留所へ。)


  • [91]
  • Re: StarShutlleのKLIA行きPudurayaバス乗場はどこ?

  • 投稿者:nkt4001
  • 投稿日:2014年 7月 6日(日)00時56分53秒
 
 ご回答ありがとうございます!!
それでは、反対側のTun Perak通りのMayBankビル対面にあるバス停の方に行ってみます。
 今回は、AmanjayaからKLIA2へのYoYoBusが満席だったので
Amanjaya23:15のS&S Bus(JB行)に乗車して2:15頃にPudurayaに到着し
そこからStarShattleの3:15発KLIA行に乗車する予定の為、質問しました。
 どうもありがとうございました。


レンタル掲示板